2020年02月25日

アルテリオシネマニュース3月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月29日(土)から4月3日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ3」をご紹介します
522[1]
  続きを読む

Posted by tomato1111 at 00:30

2020年02月16日

「無声映画の宝箱」を鑑賞…川崎市アートセンター

0無声映画400
川崎市アートセンターで開催された『無声映画の宝箱』を2月15日(土)に鑑賞しました。

子どもの頃は「紅孔雀(べにくじゃく)」などの映画を見たことがありますが、
無声映画を活動弁士による音声付というのは経験がありませんでした。

今から125年前(1895年)に撮影された白黒の『リュミェールの実写集』という世界最初の映画を見ました。

平凡な日常生活の一コマを撮影したもので特別なストーリーはなく、当時の生活の一片を知るフィルムでした。

次に1923年の白黒無声映画で「眠るパリ」という39分のパリを舞台にした
実景を使ったSF映画で、エッフェル塔が出てきます。

最期に1935年(昭和10年)に制作された34分の白黒映画で、
時代風刺のきいた喜劇がどたばたとひっきりなしに展開する無声映画末期の傑作「子宝騒動」でした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2020年02月10日

第79回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

2月のしんゆり寄席は 初音屋左橋、隅田川馬石、春風亭一蔵が出演

寒い季節にぴったりな古典落語「夢金」を初音家左橋が披露!

しんしんと雪の降る寒い夜、金に目がなく強欲な船頭・熊蔵のもとへ兄妹という侍と娘がやってくる。二人を乗せて川へ舟を漕ぎ出す熊蔵だが・・・。

さらに今回は隅田川という亭号を名乗る唯一の噺家・隅田川馬石をゲストに迎え開催!


入場料は、一般2000円。

2月20日(木)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!





  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2020年02月09日

劇団わが町「題未定」を観劇

sikisha[1]童謡詩人 金子みすゞをテーマにした舞台「みすゞ凛々」が昨年の2月に川崎市アートセンターで演じられました。
作品は地域住民が演じる劇団わが町で 脚本と演出はふじたあさや先生で 管理人は素晴らしい舞台に感激して観劇しました。
今年の劇団わが町の作品は 一風変わっていて 金子みすゞのメッセージ『みんなちがってみんないいという社会が実現しているかを問い、
劇団員17名が17本の台本を作りそれをまとめて ふじた先生が構成・演出して連続上演した作品でした。
みんなちがってみんないい』をキーワードに 2時間という上演時間内に異なる短編作品が17品上演であり 演題も「題未定」というのに納得しました。
17本の上演作品のタイトルは チラシの表紙に書かれており、当初はぐちゃぐちゃしたチラシだと思っていました。
さて、来年の劇団わが町はどんな作品を演じてくれるのでしょうか?

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2020年02月05日

無声映画の宝箱…川崎市アートセンター

522[1]人生を70数余年生きてきた管理人だが、いまだかって活動弁士が語る無声映画を見たことがない。

多くの人は 無声映画のことを聞いたことはあるが 本物を、
しかも活動弁士が語るものを見たことが無いのではなかろうか?

今月の15日(土)、新百合ヶ丘にある川崎市アートセンターで 三つの無声映画作品が、
活動弁士の澤登 翠(さわと みどり)さんの語りによって上映されます。

滅多に経験できないこの機会をお見逃しなく、是非、会場へお足をお運びください。

  料金:2700円(全席自由・税込)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2020年01月28日

アルテリオシネマニュース2月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は2月1日(土)から2月28日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ2」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2020年01月27日

「題未定」…劇団わが町第9回公演

あるてりお
奇妙な演題の芝居が 27日から9日まで川崎市アートセンターアルテリオ小劇場で開催されます。

その演題は『題未定

演じるのは20126月に 新百合ヶ丘に生まれた地域劇場を目指すゆるやかな劇団「劇団わが町

総勢52名の団員は8歳から79歳までのメンバーが所属しています。

何が演じられるのか?

みんなちがって、みんないい?』というサブタイトルが気に入っています。

管理人は2月8日(土)の公演を観劇する予定です。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2020年01月15日

第78回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]

アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

1月のしんゆり寄席は きょうこ、初音家左橋、桂米多朗が出演



入場料は
、一般2000円。

1月25日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年12月29日

アルテリオシネマニュース1月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月4日(土)から1月31日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ1」をご紹介します
522[1]
 
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年12月11日

第77回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]

アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

12月のしんゆり寄席は 三遊亭とん馬、桂米多朗、三遊亭くま八が出演



入場料は
、一般2000円。

12月21日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年11月28日

アルテリオシネマニュース12月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は11月30日(土)から12月28日(土)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ12」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年11月15日

第76回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]

アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

11月のしんゆり寄席は 桂富丸、桂米多朗、桂笹丸が出演



入場料は
、一般2000円。

10月26日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年10月21日

アルテリオシネマニュース11月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は10月26日(土)から11月29日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ11」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2019年10月18日

第75回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]

アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

10月のしんゆり寄席は 三遊亭金時、初音家左橋、鈴々舎八ゑ馬(れいれいしゃやえば)が出演



入場料は
、一般2000円。

10月26日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

    続きを読む  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年10月15日

「ミラクル」…しんゆりシアターミュージカル公演

0ミラクル1350今年の体育の日 10月14日()の休日、大雨特別警報が発令された台風19号の収まった日曜日に、
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場での公演「ミラクルMIRACLE」の初日を観劇しました。

ふじたあさや先生の脚本による しんゆりシアターミュージカル公演で 
本当に素晴らしいミュージカルを観劇しました。

出演者11名が145分と言う時間を目いっぱい使って、力強く 舞台狭しと演じられるステージは 
居眠りをする機会を与えられませんでした。

子どもの頃はあったのに、大人になるとなくなってしまうもの・・・
というテーマを息をつく暇もなく生き生きと演じるキャストの皆さん全員に 拍手を贈ります。

特に母親に会ったことが無い少年アルが 父親の「雪が降ればママが帰ってくる」という言葉に
夢をつないで待っていると、南方にいたにも関わらず奇跡(ミラクル)が起きて雪が降るラストシーン。

少年アルの心の中で 夢に見た母親と対面する印象的なシーンは 感動を覚えました。

ステージのみならず客席前方にまで空から雪が降ってくるステージ構成は、印象的でした。


10月20日(日)まで 夜の部の公演もありますので、
是非、新百合ヶ丘のアルテリオ小劇場へ足をお運びください!
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年09月19日

アルテリオシネマニュース10月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は9月28日(土)から10月25日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ10」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年09月17日

第74回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]

アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

9月のしんゆり寄席は 金原亭世之介、初音家左橋、柳家儼が出演



入場料は
、一般2000円。

9月28日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

    続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年08月28日

アルテリオシネマニュース9月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は8月31日(土)から9月27日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ9」をご紹介します
522[1]
  
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年08月09日

第73回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]

アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター。

8月のしんゆり寄席は 神田松鯉、桂米多朗春風亭昇々が出演

講談師・神田松鯉傑作「雨夜の裏田圃(うらたんぼ)」をお楽しみに

入場料は
、一般2000円。

8月24日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 09:34

2019年07月30日

アルテリオシネマニュース8月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は8月3日(土)から8月30日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ8」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年06月25日

アルテリオシネマニュース7月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は6月29日(土)から8月2日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ7」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:01

2019年06月12日

第71回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]
アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

6月のしんゆり寄席出演者はぜいたくにも川崎の真打二名の初音家左橋、桂米多朗
春風亭昇市、春風亭べん橋が出演

桂米多朗古典落語の傑作「死神」をお楽しみに

入場料は
、一般2000円。

6月22日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年05月28日

アルテリオシネマニュース6月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は6月1日(土)から6月28日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ6」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年04月24日

アルテリオシネマニュース5月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は4月27日(土)から5月31日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ5」をご紹介します
522[1]
    続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年02月10日

「みすゞ凛々」を観劇…しんゆりアートセンター

0みすず250
素晴らしい舞台、「みすゞ凛々」を2月9日(土)に川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場で観劇しました。
丁度2時間にわたる休憩なしの舞台でしたが、素晴らしい演出と出演者の熱演で、誰一人としてしわぶきもせず 
舞台の進行に目を離すことなく感情移入して感激しながら観劇していました。
素直な心を持った童謡詩人 金子みすゞが幼いころから 26歳の若さで死を選んだ時までの 
35にもなる詩に合わせて足跡を訪ねるドキュメントの形で進行。

地元の地域住民 44名からなる「劇団わが町」の第8回公演として演じられた今回の舞台は、
素晴らしい成果を披露していました。
3連休中の11日(月・祝)まで 一般2500円で公演していますので、是非、ご覧ください。  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年01月17日

第68回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

manzai[1]
アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

1月のしんゆり寄席出演者はぜいたくにも川崎の真打二名の初音家左橋、桂米多朗
柳家小菊、林家彦星が出演

柳家小菊三味線とハリのある声で演じる「二番煎じ」をお楽しみに

入場料は
、一般2000円。

1月26日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年01月07日

「みすゞ凛々」…しんゆりシアター・劇団わが町

0みすず250

新百合ヶ丘にある小劇場・川崎市アートセンター アルテリオ小劇場。
ここで2月9日(土)から11日(月・祝)までの3日間、劇団わが町の第8回公演『みすゞ凛々(りんりん)』が演じられます。
童謡詩人金子みすゞは、明治36年、山口県仙崎(長門市)に生まれ、昭和5年、満26歳でみずから命を絶った。
みすゞはなぜ死を選んだのか?どんな生活がみすゞの詩の背後にあったのか?

劇団わが町は、地域住民44名からなる緩やかな劇団で、アルテリオ小劇場の主催事業として<しんゆりシアター>と名付け、
地域劇場を理想とし地域の創造発信の拠点として活躍しています。

 

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年12月29日

アルテリオシネマニュース1月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月4日(金)から2月1日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ1」をご紹介します
522[1]
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年12月17日

第66回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001
アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

12月のしんゆり寄席出演者は 三遊亭若園歌、初音家左橋、柳家小んぶ



入場料は
、一般2000円。

12月22日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年11月27日

アルテリオシネマニュース12月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は12月1日(土)から12月27日(木)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ12」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年11月14日

第66回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001
アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

11月のしんゆり寄席出演者は 三遊亭左右喜、桂米多朗、春風亭昇吉


江戸時代、伝説の大工と呼ばれた左甚五郎を主人公とした「竹の水仙」は、
講談「左甚五郎伝」をもとにした人情噺。
とある宿屋の二階に、一銭も支払わず滞在し続ける左甚五郎が竹で作成した作品を巡る一席を、
紙切り芸人(林家喜之輔)を息子に持つ三遊亭左右喜が披露する。

入場料は
、一般2000円。

11月24日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年10月25日

アルテリオシネマニュース11月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は10月2750日(土)から11月30日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ11」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年10月18日

『三人姉妹』を観劇…川崎市アートセンター

アルテリオ小劇場350秋の夜長、芸術の秋であり 暇な爺は新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター アルテリオ小劇場で上演されている
三人姉妹』を 10月16日(火)に観劇してきました。


原作はロシアの作家 アントン・チェーホフ

名前は聞いたことがあるが 作品は読んだことがない浅学の爺ではあるが、芝居を見ることはできるので観劇。

丁度良いこじんまりした劇場で演じられる芝居は、親しみがあって良い。

何気ない毎日の生活の中で 起きる たわいない事件。

食べて、寝て、いちゃついて、飲んで、くだらないことの繰り返しの 三姉妹を取り巻く日常が演じられ、
肩を凝らすことなく 淡々と見て居られる芝居でした。

三姉妹の長女役 オリガを演じていたのが、黒川に本拠を置く
劇団民藝中地美佐子さんと アンフィーサ役が別府 康子さんであったことも今回の観劇の理由でした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年10月16日

第65回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001
アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

10月のしんゆり寄席出演者は 桂南喬、初音家左橋、音家左吉、柳家寿伴


やきもち焼きの夫・熊五郎をもつ妻・お崎だが、熊五郎の留守中、間男を連込み・・・。
古今亭志ん生が得意とし 落語創世期から口演されてきたと言われる古典落語を初出演の桂南喬が披露する。


入場料は
、一般2000円。

10月27日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年09月26日

アルテリオシネマニュース10月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月29日(土)から11月9日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ10」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年09月19日

第64回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001
アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

9月のしんゆり寄席出演者は 桂伸治、桂米多朗、春雨や風子、桂こう治


入場料は、一般2000円。

9月29日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:01

2018年08月26日

アート講座受講者募集のご案内…川崎市アートセンター

ピアノ演奏早いもので来年、11周年を迎える川崎・しんゆり芸術祭 (アルテリッカしんゆり)
多数のホール・劇場が集まる新百合ヶ丘の地に、オペラ、バレエ、クラシック、ジャズ、演劇、能・狂言、落語等のトップアーティストが集結します。
この幅広いジャンルの舞台芸術や映像の世界をより深く理解し、楽しむために、芸術の魅力を学ぶゼミナールが開講されます。
一流の講師による講座、講義内容が、一講座当たりに換算すると500円で受講できるという画期的な講座です。
また、ご希望の方には、芸術祭運営のアートボランティアスタッフとして活躍の場が用意されています。
毎年、この講座から多くのボランティアが輩出され、芸術祭運営を支える大きな力となっています。
あなたも新百合ヶ丘で開催され この幅広いジャンルをカバーするアート講座を受講して、豊かな人生を送りませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年08月25日

アルテリオシネマニュース9月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月1日(土)から9月28日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ9日」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年08月10日

第63回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001
アルテリオ小劇場
で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

8月のしんゆり寄席出演者は 神田陽子、桂 米多朗、柳亭小痴楽

江戸時代に京都で幽霊画の大家として活躍した絵師・円山応挙の「幽霊画」を題材にした落語が原案の講談「応挙の幽霊画」
女性講談師の草分け的存活躍中の講談師・神田陽子が披露。

入場料は、一般2000円。

8月25日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年07月29日

アルテリオシネマニュース8月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は8月4日(土)から8月31日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ8」をご紹介します。522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年07月15日

第62回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

7月のしんゆり寄席出演者は 柳家花緑初音家左橋、三遊亭歌扇、三遊亭ぐんま

古典落語の大ネタ「妾馬(めかうま)」は、無教養だが清々しい性格の町人・八五郎が、
大名の跡継ぎを生んだ妹・お鶴に会うため屋敷に招かれた際の一席。
戦後最年少の22歳で真打に昇進した柳家花緑が披露する。

入場料は、一般2000円。

7月21日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年07月12日

「ハンドメイド」…親子で楽しむ夏時間2018

ハンドメイド300

川崎市アートセンターに ロシアのサンクトペテルブルグから、
ユニークな劇団が730日、31日にやってきます。


こどももおとなもみーんなわくわく!

ユニークな魔法の世界がやってくる!

18本の手だけで つむぐファンタジー

手足を自由に操り、音楽・光とともに機関車や鳥など様々なカタチを次々と生み出し物語ををつむぎます。


ことばに頼らない表現(=ノンバーバル)を用いたダイナミックでエンターティメント性のあるこの「ハンドメイド」は、
世代も国境も超えて多くの人に楽しまれています。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年06月27日

アルテリオシネマニュース7月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は6月30日(土)から8月3日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ7」をご紹介します。522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年06月16日

第61回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

6月の

しんゆり寄席出演者は 初音家左橋、桂米多朗、春風亭一左、金原亭駒六

腕はいいが、大酒飲みで遊び人の大工・熊五郎の生き様を描く人情噺の大ネタ「子別れ」を、「しんゆり寄席」の世話人・初音家左橋が披露する。
「子別れは」柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3代目麗々亭柳橋や4代目柳家小さんの手を経て磨かれた古典落語。

入場料は、一般2000円。

6月30日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年05月28日

アルテリオシネマニュース6月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は6月2日(土)から6月29日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ6」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年04月26日

アルテリオシネマニュース5月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は5月5日(土)から6月1日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ5」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年03月28日

アルテリオシネマニュース4月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月31日(土)から5月4日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ4」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2018年02月26日

アルテリオシネマニュース3月号

アルテリオシネマ川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープン。
(小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。)
ここには印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館「アルテリオ映像館」があります。
新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために良質の芸術文化を絶え間なく発信し続けています。
今回は月3日(土)から3月30日(金)までの一か月間の「アルテリオ映像館」スケジュール「アルテリオシネマ3」をご紹介します522[1]  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2018年02月07日

オペラ・スクオーラ検沈邵蝓Δ靴鵑罎蠏歃兀

オペラ350少しばかり敷居が高いと感じられるオペラ
オペラとは 歌劇。
歌劇とは字の通り「芝居のセリフをすべてってしまう」のこと、そして伴奏をするのがオーケストラ(管弦楽団)。

数ある芸術の中でも音楽・美術・演劇・舞踊などのすべてを網羅した大変贅沢な「総合芸術が歌劇・オペラ」。
歌手の衣装も見どころの一つ。
オペラ歌手がストーリーのある曲をマイクを使わずに、美しいメロディを素晴らしい声で歌い続けるのも魅力の一つ。
この『オペラを知り、オペラを好きになり、そしてオペラが楽しくなる』ということをコンセプトにした全5回の「オペラ・スクオーラ(オペラ学校)が、開講されます。
川・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)発アート講座第2弾として開催される魅力的なオペラ学校「オペラ・スクオーラ」に、あなたも参加しませんか!
参加締め切りは、2月9日(金)ですが残席がありますので、大至急FAXでお申し込みください

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2018年02月06日

第59回しんゆり寄席…川崎市アートセンター

rakugo_001アルテリオ小劇場で、毎月入れ替わりで新進気鋭の落語家が出演する「しんゆり寄席」新百合ヶ丘にある川崎市アートセンター

2月のしんゆり寄席出演者は 柳家さん喬初音家左橋、古今亭ちよりん、桃月庵ひしもち

商家の旦那が披露する義太夫に苦悶する使用人や長屋の住人たちを描く「寝床」は、1775年に出版された笑話本「和漢咄会」の一遍である『日待』を元に作られた。

元々は上方落語の演目であったが、明治中期に東京でも演じられるようになった。

江戸古典落語の名手としても名高く、20174月に紫綬褒章を受章した柳家さん喬が披露する。

入場料は、一般2000円。

2月17日(土)の午後は、アートセンターで豪華な寄席を楽しみませんか!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00