2014年06月04日

老婆娘に会う…よこやまの道

老親娘200今年になって気になっていたことがあった。

毎朝の多摩よこやまの道を散策しているときに、95歳の老婆と70歳代の娘さん母娘に会えない日が続いていた。
「今日は会えるかな?」という期待感があって散策をしていたが いつも会えずじまいの日が今年になって続いていた。

ひょっとすると高齢の老婆が健康を害し早朝散策を止めているのかなと考えていたが、5月30日(金)の朝6時40分に、95歳の老婆と70歳代の娘さん母娘に多摩よこやまの道で会えたのだ。

お見受けするところ老婆は前から目が見えないという事は聞いていたが、少しばかり背が低くなり顔が小さくなったようだった。

あの起伏の激しい多摩よこやまの道を 手をつなぎ老婆はつえを使って母娘が早朝散策をするなんて、自分には考えられない。

高齢の実母をベッドの上で寝かした老後の生活を送るのではなく、老婆の自分の足を使って、一歩一歩歩くことによって健康を維持している姿に感服する次第だ。

     

(写真:平成26年5月30日(金)640am撮影、スマホiPhone5利用)

  続きを読む

Posted by tomato1111 at 00:00

2014年05月11日

初夏の多摩よこやまの道

0富士山250
清々しい初夏の晴天が続く。
わたしも朝の4時半を過ぎると目が覚めて、5時半ごろには家を出て多摩よこやまの道へ散策に出る。
新緑の木々に囲まれた多摩よこやまの道は、生命根源の力である精気を惜しみなく放出しており、ただひたすら歩くだけで気持ちが落ち着いてくる。
連休明け、5月10日の富士山は、見返り峠から見る限り、山麓まで真っ白な雪に覆われている。
4月は春霞(はるがすみ)がかかっており遠くに臨む山系がぼんやりしていて、富士山も望めない日が多かったが10日は望めた。
(すべての写真はスマホiPhone5で5月10日に撮影)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年05月07日

華やかな多摩よこやまの道

0よこやまの道案内板

わたしの毎朝の散策路は、多摩よこやまの道

一年を通して今の時期が、最も華やかでかつフレッシュな感覚を味わえるよこやまの道。

新緑の林の中を一人でひたすら歩いていると、鶯(うぐいす)の声、キジの鳴き声が、西谷戸の上ではカエルの鳴き声が、国士舘体育学部の校舎からは若き女学生の竹刀(シナイ)をたたきあう音と力強い掛け声が、国士舘高校野球部グランドからは元気な掛け声が聞こえてくる。


写真:5月4日(水)、スマホiPhoneで撮影

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年04月25日

新緑のよこやまの道

ハイキングイラスト 右向き

早朝のよこやまの道を散策するのは、とても気持ちが良い

今の季節、林の中は新緑にあふれており、その中を歩くのは気持ちが良い。

うぐいすをはじめとして小鳥たちが声高々にさえずっている朝のコーラスを聞きながら歩くのは気持ちが良い。
ぜいたくな森林浴が身近なよこやまので楽しめる!
6月の夏至(げし)に向かって朝が早い。今日の日の出時刻は、4時58分なり。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年03月29日

紅白 美の競演…多摩よこやまの道

鮮やかなエドヒガン今年は例年に比べて遅れてはいるものの黒川に春がやってきた。
いつもの早朝散策コース多摩よこやまの道にある さくら広場では 一年に一回の 紅白 美の競演がスタートした。
鮮やかなエドヒガン桜が広場の中央で凛としてその存在感を主張し始めた。
28日現在、三分咲きと云うところか!
広場にある もう一つの銘木ヒメコブシも 巨木のエドヒガン桜に負けじと その純白の花を咲かせ始めた。
よこやまの道で最も華やかな季節がやってきた。
   (撮影:3286:30am iPhone使用)

       (写真は早朝、日の出直後であり、光量不足のため鮮やかさに欠けることをご承知ください。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2014年01月15日

丹沢山系と富士山…よこやまの道

0見返りの峠から見た富士山いつもの早朝散策。
はるひ野駅前のローソンで温かいミルクコーヒーを買ってポケットに収め、いつものよこやまのへの散策に行く。
この時期は寒いせいか、散策をしている人は少ない。
1月13日(月・祝日)、見返りの峠(パノラマ展望広場)で、丹沢山系と富士山をカメラに収めた。
汚れていない冷たく新鮮な空気の向こうに、どっしりと構えた丹沢山系とその右隣に世界遺産に登録された純白の富士山が堂々と鎮座している。
   (写真をクリックすると画面が拡大表示される。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年12月30日

冬の富士山と多摩市街地のパノラマ

雪の富士山

12月29日の朝は、急激に冷え込んだ。

久しぶりに寝坊をして目が覚めたのが、朝の7時。

2階ベランダにしてある外気温計は7時時点で、氷点下3.9度を示していた。

NHKの天気予報によれば、今朝の前橋の気温が氷点下3.8度と言っていたので、黒川地区は前橋並みの極めて寒い気温。
今冬で最も寒い朝だったので、明け方はもっと冷え込んでいたと思う。

庭の水道の蛇口も凍って使えなかった。
寒い中をいつものように よこやまの道へ散策に出た。
(右の写真はクリックすると拡大表示します)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年04月16日

「よこやまの道」案内図

よこやまの道 道標よこやまの道」の散策は、わたしの毎日のルーティンワーク。

特別な理由が無い限り早朝の「よこやまの道」の散策を欠かさない。

その「よこやまの道」には、数多くの案内板が設置されている。

しかし時間が経つにつれ、汚れ、剥がれなどが見られて、部分的に判読が難しい案内板が見られる。

先日、はるひ野から唐木田まで散策した際に、途中にある比較的きれいな案内板をコンパクトデジタルカメラで撮影し、データとして保存することにした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2013年03月22日

見事なエドヒガン桜…よこやまの道

0エドヒガン桜拡大250 

3月21日の早朝散策時に見たよこやまの道 さくら広場エドヒガン桜(写真)は、満開の少し手前という感じで、花びらは散ってはおらず良い時期を迎えている。


隣にあるヒメコブシは盛りが過ぎたようで色が少しあせてきているようだ。

今週末の23日(土)、24日(日)は、絶好のお花見日和になるだろう! 

(撮影日と時間:3月21日、朝7時半)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:10

2012年12月21日

よこやまの道…早朝風景

丹沢山系
12月21日(木)は、冬至。昼の時間が一番短い日。

冬至の前日である20日(水)も、いつもの早朝散策(朝食前)やまの道で行った。

気温計が無かったが、明らかに零度以下の外気温であり、マフラー・マスク・手袋が無いと散策もつらい。
  (写真丹沢山系、この写真はクリックすると拡大します。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年12月09日

「よこやまの道」を12km散策

よこやまの道 道標初冬のある日、よこやまの道をはるひ野の自宅から小田急多摩線の終点「唐木田」までのんびりとウオーキングした。

帰りは多摩線を使って「はるひ野駅」まで電車を利用。

朝の8時に出発、往路歩行距離は約12km、歩数では16,000歩、片道に要した時間は約2時間半、消費した脂肪は24gだった。

今回は時間を一切気にせず、極めてゆっくり、のんびりと散策した。

途中では殆ど人に会うこともなく、しかも一切、休憩を取らず歩きとおした。

古稀を目前にしていて明日の命はわからないが、足腰に支障がなく健康に12kmの散策ができるのはありがたい。感謝!感謝!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年10月25日

冠雪の富士山と中秋の多摩市街

富士山 
秋半ば。

雲一つなく晴れた10月24日(水)の早朝、よこやまの道防人(さきもり)見返り峠から見た富士山は見事に冠雪していた。(撮影時間:6時50分)

新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで、一日が始まった。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年05月20日

93歳の老婦が、早朝散策…よこやまの道

老親子240507


2年以上も前からよこやまの道で出会う老親娘がいる。

しかも早朝の7時前後に、山・谷がある よこやまの道を手をつなぎ穏やかな会話をしながら散策しているのである。

数か月前にお聞きしたのだが老母親は93歳。目が不自由で白い杖(つえ)をついて散策している。
娘さんは60歳後半とのこと。

90歳を超えても60歳後半の娘さんに手を引かれて よこやまの道を散策するという理想的な親娘。

振り返って自分の年老いた親に形だけでない思いやりや尊敬の念を表せる態度を継続して取れるだろうか?
 (写真撮影:平成24年5月7日6:30am)

  
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年05月15日

魚眼レンズで見た多摩の街並み

フィシュアイでの多摩の街_edited-1

携帯電話に眼レンズ能がついているカメラのアプリケーションをインストールしました。

いつも行くよこやまの道の峠から見た、多摩の街並みを魚眼レンズ機能で撮影してみました。

まだおもちゃ的な写真かもしれませんが、新鮮な面白い写真です。

  
Posted by tomato1111 at 04:11

2012年05月11日

金蘭・銀蘭…よこやまの道

金蘭
黒川の野山からすっかり姿を消してしまった春の花 金蘭銀蘭(きんらん・ぎんらん)

はるひ野の開発に伴い、里山が消滅したのと、ハイカーによる盗掘が大きな理由。

散策をしているよこやまのには、わずかだが、金蘭銀蘭が自生している。

多摩市の樹木・草花を管理している団体が識別のために、それらに枯枝を添えている。

わたしが目で存在確認をしてから2−3日後には、それまであった金蘭(左写真)が6か所ほどから姿を消していて、添えられていた枯枝だけが残っていた。

悲しいかな!盗掘されたのだろう。 

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年04月25日

新緑のよこやまの道

ハイキングイラスト 右向き早朝のよこやまの道を散策するのは、とても気持ちが良い。

今の季節、林の中は新緑にあふれており、その中を歩くのは気持ちが良い。

うぐいすをはじめとして小鳥たちが声高々にさえずっている朝のコーラスを聞きながら歩くのは気持ちが良い。
ぜいたくな森林浴が身近なよこやまので楽しめる!
6月の夏至(げし)に向かって朝が早い。今日の日の出時刻は、4時58分なり。

     (写真撮影:平成24年4月24日 早朝6時前後)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年02月22日

春を待つ多摩の街並み

立春も過ぎ、日の光が柔らかく、明るくなってきた今日この頃、桃の花が咲く春が待ち遠しい。

しかし早朝の外気温はマイナスが続いています。

2月19日(二十四節気・雨水)の早朝7時に、摩・よこやまの道 防人見返りの峠から見た多摩の街並みの写真をご覧ください。遠くに富士山も望めます。
      (写真をクリックすると画面一杯に拡大します)
2月のパノラマ

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2012年01月25日

雪の“よこやまの道”…1月24日

273[1]


ほとんど毎日散策している「よこやまの道」も、一晩の雪で風景を一変させました
   (写真はすべてクリックすると画面一杯に拡大表示します。お試しあれ!)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2012年01月08日

新春の風景


カメラの趣味
1月7日(土)、いつもの早朝散策と違い昼前の時間に「よこやまの道」を歩きました。

天候もよかったので多くの人が簡易リュックを背負って散策を楽しんでいました。

今年もカメラを持ち出し、晴れ渡った街の写真を撮りました。

街の変化を写し取るには、写真が適しています。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年11月08日

立冬の日の出

 

夜明け231107



はるひ野の街に、冬の太陽が顔を出した。

よこやまの道から11月7日、朝の6時10分に撮影。

        (スマートフォンiPhone3Gを使用)
    (クリックして拡大表示可能)

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年06月15日

散策する老親娘…よこやまの道

散策する老親子230606

1年以上も前からよこやまの道で出会う老親娘がいる。

しかも早朝の7時前後に、山・谷がある よこやまの道を手をつなぎ穏やかな会話をしながら散策しているのである。

数か月前にお聞きしたのだが老母親は92歳で目が不自由で白い杖(つえ)をついて散策している。
娘さんは60歳後半とのこと。

90歳を超えても60歳後半の娘さんに手を引かれて よこやまの道を散策するという理想的な親娘。

振り返って自分の年老いた親に形だけでない思いやりや尊敬の念を表せる態度を継続して取れるだろうか?
 (写真撮影:平成23年6月6日6:50am、iPhone3g使用)

  
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年05月26日

初夏の(雪で覆われた)富士山

元旦の富士山230101相変わらず早朝の散策・ウオーキングを行っている。

わたしの場合はスマートなウオーキングではない。

おのれの生活習慣病を克服する目的で行っている医療行為・リハビリテーションと位置付けて行っている散策だ。

5月25日の早朝は前日までの雨も上がって素晴らしい朝だったので5時半に家を出ていつもの「よこやまの道」を散策した。

いつも休憩する『防人(さきもり)見返りの峠』で、久しぶりに富士山を見ることができた。
  (写真:今年の元旦に『防人見返りの峠』で撮影した富士山)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2011年04月18日

白い桜…よこやまの道

花見4今年も美しい桜を咲かせてくれた多摩よこやまの道 さくら広場エドヒガン桜

同じさくら広場エドヒガン桜の隣に、今は質素で可憐な白い桜が枝いっぱいに美しい花をつけている。

浅学菲才である わたしは手元の「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花1」を見て、『サクラ属のマメザクラ』ではないかと考えている。別名 富士桜。

桜の潔い咲きっぷりと散り方は、日本人のメンタリティ(心)をよくあらわしている。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年04月06日

秀麗な江戸彼岸桜と姫こぶし…よこやまの道

花見4雲一つなく晴れ渡った4月5日(火)、よこやまの道 桜広場にある「江戸彼岸桜」と「姫こぶし」に会いに行きました。

期待にそぐわずその怪しくも美しいピンクの色を付けた「江戸彼岸桜」が春の到来を告げ咲き誇っていました。

また例年なら散っている「姫こぶし」も落花せずに白い清楚な花をつけていて浮だった気分にさせられました。

福島の三春と同じように今年の春が遅く、先に咲く「姫こぶし」と やや遅れて咲く「江戸彼岸桜」が今年は同時に楽しめて得をしたようでした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年04月03日

富士山と桜…4月の風景

花摘み
春になると気温が上がり遠景は霞がかかってしまって見通しが悪くなる。

よこやまの道を散策していても、富士山を望める日は少なってしまう。

4月1日は霞がややかかっているものの 久しぶりに富士山が望めた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年04月02日

桜 エドヒガンの開花…よこやまの道

エドヒガンの花
よこやまの道の桜の広場にある桜 『江戸彼岸(えどひがん)』の開花が始まった。

見頃は4月の第2週中頃かと思われる。


隣にある巨木のこぶしの花と共に、華やかな春の季節を迎えた。

   (撮影:3月30日7:00am

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年03月30日

姫こぶしの花…よこやまの道

姫こぶし
今年の春は遅い。

例年ですとお彼岸のころに満開を迎える よこやまの道にある『姫こぶしの大木が、ようやく花をつけ春の到来を告げていました。

姫こぶし』が散るころには、「さくらの広場」にある『エドヒガン桜』が、咲き揃います。

春だというのに気温が低いので、助かっているとある農家のおじさんは言っていました。

大量に作付けたブロッコリーが寒さで花をつけるのが遅れており、収穫時期が伸ばせると喜んでいました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:10

2011年03月17日

丸山城…黒川

蒸気船黒川の上(かみ)に、わたし達が「丸山(まるやま)」と呼ぶ丘陵がある。

子どものころ丸山は、はるか遠い寂しい山の中にあり、怖い話を聞いていたので、一人では近寄ったことはなかった。

その丘陵部に「丸山城」と呼ばれ、中世の通信基地(狼煙(のろし)台が、存在していたと考えられるという。
現在は同地にNTT docomoの中継アンテナ設備があり、現代の通信基地となっている。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2011年03月14日

早春の多摩地区パノラマ

卒業2重苦しい雲が立ち込めていた冬が去り、啓蟄(けいちつ)も過ぎて、日一日と陽光が明るくなってきました。

よこやまの道の雑木林も、春の息吹をうっすらと感じられるようになってきました。

元旦の日の出時間が651分だったが、310日は6と、およそ日の出が1時間早くなっています。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年02月13日

雪のよこやまの道

道標n2月の3連休は、強い冬型気圧配置によって日本列島は荒れ模様になった。

黒川地区では11日(金)(建国記念日)から雪が降り始め、12日(土)の朝は辺り一面が雪景色となった。

雪を待っていたわたしは、12日の朝、7時に家を出て「雪のよこやまの道」を2時間かけて散策した。
よこやまの道の平坦部(エコプラザ多摩脇のもみじの広場)では明らかに12cm近い積雪があった。
歩きながら水は無色、氷もほぼ無色なのに、何故、雪は白いのかと不思議に思った。

雪のよこやまの道の足跡はさすがに少なく、わたしのものを含めて5-6人くらいしかなかった。
また平成23年2月12日は、エジプト大統領退任の日となった。
     (写真はクリック拡大できます。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年01月15日

奇妙な出来事…よこやまの道

古道五差路1いつものように早朝の よこやまの道を一人で散策していた。

7時過ぎごろのこと。
以前、道ですれ違った犬を連れた人が視界から消えたことがあったが、同じ場所「古道五差路」手前で奇妙な出来事があった。


そこは緩やかではあるが高低差2m以上はある凸部の道がある。
国士舘大学の方から小野路に向かって凸部の低い道を歩いていた。
  (写真:古道五差路全景)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年01月12日

氷点下4度…よこやまの道

1月11日朝の気温n

いつものように「よこやまの道」の早朝ウオーキングを11日にも行った。

自宅から「よこやまの道」を小野路にある東光寺墓地で折り返し、パノラマ展望台(防人見返り峠)で、持参していた温湿計で気温を測った。

写真のように気温は氷点下4度を朝7時20分現在で指し示していた。(精度は±1度) (スマートフォンのiPhone3Gで撮影)

TVの気象情報によれば、『この日はこの冬で一番の冷え込みだった』と、報じていた。

わたしの軍手の手袋では手がかじかんでしまい、シャツのボタンを外すことができなかったほどの寒さだった。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年01月04日

よこやまの道を完歩!

98nenga1月2日(日)早朝の7時に、はるひ野の自宅を出発、よこやまの道を道標に従い忠実に歩行し、長池公園脇を通過して町田市小山ヶ丘から京王・相模原線多摩境駅まで完歩した。
多摩境駅までの総歩数18,658歩、距離にして11.25kmだった。(歩幅60cm換算、70cm換算なら13km)

今回の目的は、
(1)孫へのお年玉として玩具をプレゼントすべく町田市小山ヶ丘にある「ベビーザらス」へ行くこと
(2)ウォーキングの自分自身へのインセンティブとして同じ町田市小山ヶ丘にある「源泉かけ流し露天風呂 天然温泉 いこいの湯」で今年初めてのお風呂に入ること
(3)生活習慣病のリハビリウォーキング の3点。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年12月23日

国士舘大学多摩キャンパスでの朝練

国士舘大学武道棟221215夜明けのよこやまの道を散策して、尾根幹線沿いにある国士舘大学多摩キャンパス脇を通ると、元気な乙女の掛け声が聞こえてくる。

多摩キャンパス 武道棟2階の開けられたた窓から、聞こえてくるのだ。

鼓舞するように連打される太鼓に呼応し、激しい竹刀のぶつかり合う音、踏み鳴らされる靴音、それを上回る「ウォーッ、ウォーッ、ウォーッ…」という掛け声がかぶさって、勇ましい、元気な乙女の朝練が続く。

外からは中の様子をうかがうことができないが、50人以上の剣道朝練だろうか。

今の時間で6時半から7時半にかけて朝練が行われている。

健全な肉体に健全な精神が宿る」と言われている。
国士舘大学体育学部の女性は、頼もしく思う。

  
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年12月18日

洒脱な早朝会話

日の出6時52分17日の朝は冷え込みが厳しく、あちこちに霜柱が立っていた。

いつものようにカサカサと落ち葉を踏みしめて、よこやまの道を散策していると、いつも出会う75歳前後の先輩に出会った。

わたしは親しみを込めて
「おはようございます。いくらか涼しくなりましたね!」

と挨拶をすると、すかさず にこやかに ほほ笑みながら

ようやく しのぎやすい気候になって結構ですね!」と返ってきた。

わたしはそのユーモアあふれる返答に思わず笑みがこぼれた。

そして帰り際に、

お互いに健康に留意しましょうよ。と言われ、とても気持ちの良い一日を迎えることができた。朝7時半 よこやまの道での会話。 
     (15日の日の出写真と同時刻の17日、快晴の写真。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年11月29日

初冬の富士山

221129の富士山
早朝は寒い。

11月29日の早朝、掘り起こしたばかりの畑には土中の水分が露出しているせいか、白く霜が降りていた。

よこやまの道・展望広場で富士山を望んだら、全山が真っ白に雪化粧していた。

(写真は6時41分に撮影。多摩市の町並みは日の出前なので暗く露出不足。iPhone3G)

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2010年11月24日

よこやまの道での怪!

魔法使い2東京地方の日の出時刻が6時15分の11月14日(日)。

いつものように日の出前の薄暗いよこやまの道を散策していた。

ちょうど6時ごろだったと思う。

パノラマ展望台を経由して五差路の10mくらい手前で、犬を連れた黒ずくめの人に出会った。

人と会ったことを意に介せず、暗い中をただひたすら歩いて、10m先の五差路でUターンして来た道を戻り、すぐに不思議な気持ちになった。

さっきすれ違った黒ずくめの人と犬が見当たらないのだ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 20:18

2010年11月12日

11月早朝のよこやまの道風景

夜明けの富士山 

相変わらず早朝のウオーキングを行っている。

11月に入り夜明け前後のよこやまの道を歩いている人が、寒くなったせいか すっかり減ってしまった。

また道で会うメンバーの顔触れも変わった。

 

雪化粧を始めた富士山

富士山の左側は静岡県側で暖かいのか雪が少なく、右側は山梨県側で寒いのか雪が多いということが分かる。

  (撮影:よこやまの道展望台にて11月5日(金)6時16分)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年10月29日

多摩よこやまの道 記事索引

よこやまの道 行き先看板川崎市麻生区黒川・はるひ野多摩市の境界上にある歴史的な古道「多摩よこやまの道に関連する記事の索引をまとめ、
ブログの左側にある記事分類に「多摩よこやまの道」という項目を設けました。

ご活用ください。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2010年10月12日

よこやまの道の散策…唐木田駅まで

ハイキングイラスト 右向き
10月11日(月・祝)は、体育の日


夜明け前の5時に起床し、5時半にはるひ野の自宅を出発して、多摩よこやまの道を小田急多摩線唐木田駅まで散策した。
(道標に従い、忠実にトレース)
   (写真はクリック拡大可能)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年10月11日

メルヘンチックなキノコ

毒々しい色のキノコ
よこやまの道を10日(日)の午後に散歩していた時のこと。

枯れ落ち葉の中に目にも鮮やかな赤色のキノコが生えているのに気がついた。

今までに見たことがない、ドイツのメルヘンチックなおとぎ話に登場するようなキノコだった。

秋雨に、落ち葉の中に眠っているキノコ菌が目覚め始めて、よこやまの道が秋のキノコ街道に変わりつつある。


(参考:夏のきのこ街道…よこやまの道

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2010年09月23日

彼岸花

彼岸花(よこやまの道)

お彼岸にぴったりと合わせて咲く“彼岸花”。

今年は異常に暑かった夏のせいか、花を見る機会が少ない。

平年ならわたしの畑の土手に10本以上の彼岸花が、一斉に咲き誇るのだが21日に畑で見たのは たった一本だけだった。

早朝の「よこやまの道」で、やはり1本だけ咲く彼岸花を見つけて撮影したのがこれ!

クリック拡大して鑑賞してください。 (撮影:21日、iPhone3G

  
Posted by tomato1111 at 00:10

2010年09月08日

黒いシルエットの山々

9月7日の「多摩よこやまの道」、パノラマ展望広場。

久し振りに昨日あたりから朝夕は秋の気配が薄々感じられ、涼しく、雲も秋の気配を感じさせられる。

パノラマ展望広場から、雪の無い富士山(3776m)が南西241度の方角(写真中央部)に、右の端には丹沢山系の大山(1252m)が南西229度の方角(写真左側)に、さらに離れた南アルプスの農鳥岳(3026m)が西272度の方角(写真最右部の突起上の山)に、クッキリと望めた。

  (撮影時間、朝の6時。iPhoneGのカメラ部で撮影。)
富士山。大山。農鳥岳

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2010年08月14日

いにしえ人との遭遇!

朝の道1250

夜が明けて太陽が昇る前のうす暗い「よこやまの道」を、ただひたすら散策する時がある。

武蔵野の面影を残す古街道は、泥道の両脇に鬱蒼たる雑木林が続き 街灯もなく暗い。

通る人も殆どなく少しさびしい道であり、人工物は無く 自然が支配している静かな環境が続く。
夜明けを告げる鳥の鳴き声だけが聞こえてくる。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年07月23日

きのこ街道…よこやまの道

038のコピー高温多湿で直射日光があまり入り込まないよこやまの道沿いに、いろいろな種類のキノコが生えている。

多くの写真(iPhone3G使用)を撮ったが、そのうちの16枚をご紹介する。
浅学のわたしは、名前を特定できない。

もし親父が生きていれば、食用キノコの見分け方をじっくりと教えてもらえたが今はいない。


古くから伝えられている 地域に生きるための知恵の伝授が、断絶しており残念だ。

昔の人の生活の知恵の伝授を組織的、継続的に行うにはどうしたらよいだろう!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2010年07月20日

「やまゆり」 県の花

山百合の花220719

よこやまの道」を散策していたら、川崎市側の山道に神奈川県の花「やまゆりが咲いているのに会い、幸せな気分になった。

1m位のササ藪の中から頭を出して気品のある花を咲かせており、付近には甘酸っぱい香りがほのかに漂っていた。
  (写真:iPhone3Gで撮影)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年07月11日

富士山を望む…よこやまの道・展望台

久し振りに晴れた梅雨の晴天。

よこやまの道へ散策に行くと、10日の早朝6時には、クッキリと富士山が望めた。

今までは高湿度の影響で遠方の山岳は、霞んで何も見えなかった。

画面中央付近の後方に構えているのが富士山(薄い色で識別難あり)、その左側の高い山が丹沢山系の蛭が岳、左端の高い山が大山。 
      (iPhone3Gで撮影。望遠機能が付いていない。)
大山、富士山220710

  
Posted by tomato1111 at 00:03

まるで翡翠のような美しさ…紫陽花

よこやまの道紫陽花(あじさい)が植えられているところがある。

紫色の「萼(がく)紫陽花」がようやく咲きだしていた。

その花の下に紫陽花の花がまるで「翡翠(ひすい)」のように美しく散っていた。
        (7月10日早朝、iPhone3Gで撮影)
落ちたアジサイの花

  
Posted by tomato1111 at 00:00

2010年06月07日

早朝ウオーキング…よこやまの道

体操4時半に目が覚めた。

身支度をし5時に家を出て、よこやまの道へ早朝ウオーキングとしゃれこんだ。

5時半に多摩丘陵パノラマの丘(展望広場)(防人見返り峠)到着。

そこは標高約145m、南西〜北東にひらけた展望ポイントで、条件さえよければ富士山や丹沢、遠く狭山丘陵が望め、良く目を凝らすと狭山市にある西武球場のドームまでが見える。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2010年03月30日

桜が黒川の山里でも開花

400年桜看板

今年も無事で、自分の目で黒川の桜を見ることができた。

遥か400年前からこの黒川地区を静かに見守ってきて、今も厳として黒川の春の到来を告げている400年山桜

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05