2015年12月21日

名園と名画・足立美術館…島根県安来市

0足立タイトル250出雲市の隣、安来市に名だたる美術館「足立美術館」があります。

足立美術館は近代日本画壇の巨匠たちの作品約1500点を所蔵していており、特に横山大観のコレクションが有名で、
その数は約120点を超えています。

また165,000屐複毅,000坪)の日本庭園は、その規模と美しさは日本一にふさわしいものです。

庭園もまた一幅の絵画である」という美術館の創始者の庭造りの情熱が、見る人に感動を与えます。


足立美術館は、「名園美と日本画の調和」であり、ゆっくり・ゆったりと時間を取って 心身をその中においてください。

 
  (注:館内美術品等撮影不可のため、庭園を除き写真は撮れませんでした。)

  続きを読む

Posted by tomato1111 at 00:00

2015年12月20日

玉造温泉・どじょうすくいショー

0どじょうすくい230

出雲大社
に参拝した後は、門前町で名物の「出雲そばを食べて腹こしらえ。

宍道湖(しんじこ)を望むローカル電車「一畑電車(いちばたでんしゃ)」(略称は、ばたでん)に乗車。

一畑口駅」から、進行方向右側に、静かな宍道湖を望みながら 松江しんじ湖温泉駅まで乗車しました。

宿は、玉造温泉「佳翠苑 皆美(みなみ)」に宿泊。

夕食後には、腹を抱えながら「どじょうすくいショー」を楽しみました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年12月19日

出雲大社を参拝

0神殿の構造_23050数年ぶりに 出雲大社を訪れ参拝する機会がありました。
出雲と言えば神々の国・神話の国であり、出雲大社と言えば『縁結びの神様』です。
縁結びとは、「人と出会うこと」「恋人同士になること」「夫婦となること」「親子になること」「家を建てること」「仕事に就くこと」「ものを買うこと」「遊ぶこと」・・・と、
生きることのすべてが『縁結び』と、観光協会のチラシにありました。

大国主大神
(オオクニヌシノオオカミ)が、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の求めにより、国譲りをされた時から、当地を「縁結びの地」と言われているそうです。

国を譲った大国主大神は、旧暦の10月に全国、八百万(やおよろず)の神々を出雲の地にお迎えになり、一年の「幽(かく)れた神事」の相談をなされたそうです。

幽れた神事」とは、目に見えない縁を結ぶことであり、人が知らず知らずに巡り会っている全ての「ご縁」とのことでした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2015年12月18日

寝台特急「サンライズ出雲」に乗車

train_810
現在、定期的に運航している寝台特急は、「サンライズ出雲」(東京―出雲市)、「サンライズ瀬戸」(東京―高松)だけで、不定期特急寝台には人気のカシオペアがあります。
11月18日(水)の「サンライズ出雲5031M」に乗車し、島根県の出雲市に向かいました。
東京駅2200分発で出雲市958分着のB寝台個室1号室がわたしの部屋。
深夜でも町の灯りが絶えない在来線の東海道沿線を走り抜けます。 

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2015年12月07日

弥彦神社(新潟県・西蒲原郡)に参拝

images[2]新潟に『弥彦神社あり』 といつか参拝したいと考えていましたが、今回の研修旅行で実現しました。
広々とした越後平野の中央に聳えたつ弥彦山(標高634m)のふもとに鎮座します弥彦神社(やひこじんじゃ)は、
今年、平成27年(2015)は、大正の御再建・御遷座から数えて100年という「御遷座100年」にあたるお目出度い年にあたります。

弥彦山神体山として祀る神社で、古くから「おやひこさま」と呼ばれ、
心のふるさと、魂のよりどころとして多くの人から広く親しまれています。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年12月06日

「雲洞庵」(新潟・東魚沼市)に参拝

0苔むした石仏350ある研修旅行で、曹洞宗の古刹・「雲洞庵」(うんとうあん)に参拝する機会に恵まれました。

越後一の寺・日本一の庵寺ともいわれるこの雲洞庵は、曹洞宗の古刹で、さかのぼること1300年前の奈良時代に、
時の内大臣藤原房前の母が当地に湧き出る霊泉で多くの人々を救い、ここに庵を結んだとあります

その起源を奈良時代までさかのぼる曹洞宗「雲洞庵です。

赤門から本堂にいたる石畳の下に法華経が一石一字ずつ刻まれていて、これを踏んでいくことでご利益があるといわれています。

またNHK大河ドラマ「天地人」の第一話でも紹介された雲洞庵。
主人公『直江兼続(幼名:与六)』と『上杉景勝(幼名:喜平次)』が幼少期に学問を学んでいたお寺であり、天地人ゆかりの地 雲洞庵です。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年10月11日

コスモスを訪ねる旅

0コスモス300
たおやかに風に揺れるコスモスは、そこはかとなく秋の寂しさを感じさせられる。
花の命も短く、コスモスを愛する人は多い。
コスモスの花を見たいという妻の要求に従って、日本一のコスモスが広がる信濃町・黒姫高原コスモス園に行ってきた。
行きは中央自動車道・長野自動車道・上信越自動車道を経由して、愛車のランクルで行く。
家を朝の7時過ぎに出て、黒姫高原に11時過ぎに到着。
ランクルは、その名の通りランド・クルージング(大地を航海する)の感覚で、高速道を快適なドライブが楽しめる良い車で、疲れがない。ジープなので当然、悪路にも実力を発揮する車。
黒姫山のふもとにある黒姫高原コスモス園は、100万本のコスモスが人の手で植えられており、その規模は圧巻だ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年07月05日

英国の旅 全10日間の記録目次

1衛兵250平成27年6月17日()から26日()までの10日間をJTB旅物語が主催する「たっぷり英国 感動紀行10日間」というツアーに参加しました。
体力・気力のあるうちに遠い外国への旅を行おうと、懐かしい英国、特に今回はスコットランドまで足を延ばすツアーを選びました。

10日間も朝から晩まで観光地を巡っていると、見学した教会や史跡、宿泊したホテルなどが頭の中でごちゃごちゃになりますので、
写真を中心に基本的には観光した当日の夜に、観光概要をまとめて現地から旅行記を当ブログにアップしてきました。
その日毎のまとめ記事索引を下記しますので、ご覧ください。

(ブログで使っている英国の写真はすべて管理人が撮影したオリジナル。機材はSONY製コンパクトデジカメ。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年05月05日

ミステリーツアー(赤沢森林鉄道・寝覚の床・奈良井宿)

0機関車200我が家とは桁違い 五つ星ホテルの素敵な部屋での宿泊に、戸惑いながらもゆったりと休み、ミステリーツアーの二日目が始まる。
新車だという観光バスに2時間ほど揺られているうちに、狭い山道を登って着いたところが、信州木曽・上松にある「赤沢自然休養林」。
標高1080m以上のところにある「赤沢自然休養林」は、森林浴発祥の地であり森林セラピー基地でもある。
ここは平均樹齢300年以上の檜(ひのき)天然林
良い檜(ひのき)が採れることから明治時代には皇室の御料林並びに伊勢神宮の20年に一回行われる遷宮用材を産出する備林として保護され、戦後は国有林の保安林に指定された。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年05月04日

ミステリーツアー(天竜下り・花桃の里)

0天竜カット180
認知症予備軍とみなされている管理人は、その進行にストップをかけるため 妻が仕組んだミステリーツアーに出かけた。
旅行会社・ツアー行き先・日程などのすべてを妻が決め、旅費等の経費もすべて妻が負担し 取り仕切ったミステリーツアー
わたしには日程を開けるようにだけ指示されて、旅行の行き先などはまったく知らされなかったし老妻との旅に改めてトキメキも感じなくなっているため、詳細を一切聞こうともしなかった。
当日の朝は指定された時間に起き着替えの入れたリュックを担いで、何も言わずに黙って妻の後に従ってついて行った。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年04月22日

丹沢三峰を縦走して宮ヶ瀬湖へ

登山イラスト蛭ケ岳山荘の朝は 早い。

起床はまだ薄暗い4時過ぎ。
布団をたたみ、朝食は5時から開始。

丹沢の4月19日の日の出は5時2分なので、日の出前後の富士山と日の出をカメラに収める。

今日は歩行時間が長いという理由で あまり登山者が行かない丹沢三峰ルート 山行距離15kmをおよそ6時間をかけて
蛭ケ岳・丹沢山から太礼ノ頭・円山木ノ頭・本間ノ頭を経て宮ケ瀬湖までの丹沢三峰縦走を楽しんだ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年04月05日

伊豆高原・熱川への旅

ワニ孫の幼稚園卒園と小学校入学を記念して、孫たちと伊豆一泊旅行4月3日―4日に出ました。
折しも伊豆高原桜まつりとあって、伊豆高原駅から約3kmにわたっての桜並木、その美しさに圧倒されました。
熱川バナナ・ワニ園に行こうと孫たちに提案したら、幼稚園児の孫娘が「わたし、ワニのステーキが食べたいな!」と返されたのでここを訪れました。
turi_01ここには世界のワニ30種のうち27種350頭のワニが飼育されており、目の前のじっと動かぬワニに子供たちは大喜び。
またレッサーパンダも26頭飼育されています。

父親の影響を受け海釣りに興味を持っている孫は保養所を朝食前の早朝5時に出て八幡野港で、午後は宇佐美港での堤防釣りを楽しんでいました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2015年04月01日

麻生川のソメイヨシノ桜

0ソメイヨシノ200小田急線に乗って新百合ヶ丘駅から、町田・柿生方面に向かって右側の車窓から眺められる長い桜並木。

枝ぶりも見事な桜並木は、電車の中から気軽に眺められる貴重なお花見スポット。

麻生川の両岸には、1969年に川崎市が護岸工事にあわせて植えた250本(現在226本が健在)ソメイヨシノ桜がしっかり育ち、今では1.3kmの並木(「柿生新橋」から「共和橋」間)となっている。
3月29日(日)の朝、前日に行われた麻生観光協会主催の桜まつり の汚れを清掃するために桜並木に行った際に撮影した麻生川ソメイヨシノ桜
今年の満開は、4月第一週の頃か?
桜の花びらが風に吹かれて、麻生川の水面をピンク色に染めるシーンは幻想的な夢を見ているような心地に酔うのである。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:15

2015年03月20日

料亭 霞月楼「はとバス」日帰り旅

0ガイド230
いつもは 農協の帽子をかぶり 腰には 薄汚れたタオルをぶら下げ 地下足袋を履いて 黒川をウロチョロしているのが管理人。

朝は はるひ野にある管理人の迎賓館マクドナルドの朝マックで済ませ 昼は畑にある東屋(あずまや)で 袋ラーメンを食べてから昼寝をして暇つぶしをしているグータラ爺の管理人。

このところ陽気が良くなり 春めいてきて 桜や梅の話題に事欠かない季節と相成り候。

その管理人が 茨城県水戸市にある「偕楽園」花便りを聞き 無性に行きたくなってはとバス日帰りツアー 318日に参加。
ツアーの名称は、「料亭 霞月楼(かげつろう)」というもので、茨城県土浦市にある創業明治22年の老舗料亭 霞月楼でゆったりと会席料理を楽しむのが目的で、ついでに水戸の梅の名所 偕楽園も訪ねようという企画ツアー。

老いた体を労わるため ゆとりのある はとバスの最上級バス「貴賓席の旅 ピアニシモ3を利用。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年03月11日

瀬戸内の旅…三日目

0うずしお250
今回の旅の目的の一つは、鳴門海峡のうずしお観潮

満潮時間に合わせた旅のプログラムが組まれていて、3月10日(火)は朝の8時半がその時間であるため、早めにホテルを出発して8時20分出航のうずしお観測船に乗船。
当日は快晴であったが風速15mの風が吹いており、瀬戸内海には白波が立っていたが、観測ポイントに近づくと明らかに大きな渦が観測され わたしたちは大興奮、しきりにシャッターを切っていた。
このうずしお観潮は天候や海の状況により船が欠航するときがあり、今回はハッピーだった。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年03月10日

瀬戸内の旅・・・二日目

0分教場250
鳴門のうずしおを船から見学・大潮限定・・小豆島温泉と淡路島温泉に泊まる瀬戸内の旅」の二日目、3月9日(月)。

今日は瀬戸内海の天候は、雨で強風・波浪警報が出ているあいにくの天気。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2015年03月09日

瀬戸内の旅…小豆島温泉と淡路島温泉に泊まる

0梨250

鳴門のうずしおを船から見学・大潮限定・・小豆島温泉と淡路島温泉に泊まる瀬戸内の旅」へ3月8日に出た。

年老いた妻とわたしは、未知数の残された人生に対して悔いのないようにと、今回の旅は、旅行会社・日程・旅先とすべて妻が企画し、わたしは後をついて行くだけという気軽な旅。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2015年03月06日

群馬県農業技術センター…JA果樹部視察研修

アニメ学校勉強中

JAセレサ川崎果樹部柿生支部の視察研修が、群馬県農業技術センターにおいて3月3日・4日に行われた。

今回で4回目となる視察研修は、ブルーベリー・梨・李(スモモ)を対象に行われた。

研修には神奈川県農業技術センターの研究員、東京農業大学名誉教授も参加し、極めて実務的な研修であった。
今回の一泊二日研修で使用した観光バスのドライバーが、若い女性だったのには驚いた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年02月26日

瀬戸内・道後・琴平の旅…黒川はるひ野管理組合

飛行機黒川はるひ野管理組合親睦研修旅行」が早春の瀬戸内海・四国方面で実行されました。

2月24日早朝、黒川に集合した組合員はチャーターバスで羽田へ。羽田からJALで一路広島空港へ。
空港からわたし達の行程表に従い 専用観光バスで尾道にある「因島(いんのしま)水軍城」を見学し、生口島を経由して、大三島へ。
そこで「大山祇神社(おおやまづみじんじゃ」に参拝し 「伯方(はかた)の塩」工場見学の後、「瀬戸内しまなみ海道」を通り来島海峡を渡って四国・愛媛県今治市へ入りました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年11月21日

爺・婆の秋の日帰り遠足

0YEG 薔薇の花250

天に抜ける青空の秋の一日。

老妻に誘われて、横浜市西区にある「横浜イングリッシュガーデン」へ、コスモス薔薇の花を見にランクルで行きました。


そこはテレビ神奈川が運営している花園で、1100品種、1600本以上もの薔薇が植えられているそうで、園内のあちこちでその優雅な美しさを堪能できます。

わたしは薔薇の門外漢なので、花の名前より直感的に目に飛び込むあでやかさに目を引かれていました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年11月20日

熊野古道・熊野三山 完全踏破の旅を終えて

0平安衣装200長年の念願であり、憧れであった「熊野参詣道(熊野古道)を歩み熊野三山を訪ねる旅」霊場「熊野」は熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智山青岸渡寺、補陀洛山寺の三社二寺で構成される)を自分の足で山道を辿り、かなえることができました。
古希を迎えた今、自分の健康寿命が尽きる前に自分の足で、紀伊山地の霊場と参詣道(『中辺路(なかへじ)』コース)を巡ることができて とても幸せです。

もし来春もわたしが健康であるならば、熊野参詣道の高野山から熊野本宮大社を結ぶ、最も長く最も厳しい山岳ルートを通る『小辺路(こへじ)』コース(1000mの峠を三つも越える約70kmの山岳コース)を自分の足で辿りたいと考えています。
参考:四国八十八ヵ所お遍路の旅)(参考:公園・旧跡を訪ねての索引
  
    (写真:平安時代の衣装を着て、熊野詣をする娘たち)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2014年04月19日

奈良県・吉野山の桜

0桜250同じことを繰り返して話すようになった管理人の認知症改善を目的にして、老妻がわたしを「京都・大阪・奈良の桜めぐり」の旅に連れ出してくれました。
すべて計画は妻が練り、一言も旅行の内容には口を出さず、ただひたすら「ありがたや、ありがたや!」と老妻の指示に従い、後についていく気楽な旅行でした。
先ず日本一の桜の名所として知られる奈良県・吉野山へ。

<吉野山世界遺産即ち2004年に紀伊山地の3霊場と参詣道(通称:熊野古道)世界文化遺産に登録されています。

(3霊場:熊野三山・高野山・吉野、参詣道:大峯・熊野参詣道・大峯奥駈道・高野山町石道)>

(写真はクリックすると、画面一杯に拡大表示することができます。お試しあれ!)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年02月08日

64thさっぽろ雪まつり Sapporo Snow Festival

0羊が岡250 
ある団体の親睦旅行で北海道 支笏湖・羊が丘展望台・札幌方面へ2月5日(火)、6日(水)に訪れた。

主目的は5日から11日まで開催されている64回さっぽろ雪を楽しむこと。

さっぽろ雪まつりは、その規模の大きさに改めて驚いた。
雪像は大5基、中6基、小115基の合計126基で、雪像は大2基、小6基の合計8基。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年11月12日

秋の信州八ヶ岳の旅

0恋人の聖地 
空気の澄んだ秋の紅葉を訪ねて信州八ヶ岳へ愛車のランクルを駆って妻と二人で一泊の旅に出た。

中央高速を小淵沢で降りて士見高原リゾートある蕎麦処花鳥野(そばしょ はなとや)で新そばを食べる。
(10月27日から12月28日まで「八ヶ岳新そば祭り2012」が北杜市・富士見町・原村で行われている。)

今年の新そばは素人のわたしでも香りがよく腰があってうまいと実感。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年10月06日

四国八十八ヵ所お遍路の旅 目次

遍路イメージ 



ブログ管理人 やまざるが念願だった国八十八ヵ所お遍路の旅記録したブログ記事の索引です。

御関心のある方に 参考にしていただければ幸いです。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年08月06日

長良川鵜飼(ながらがわうかい)…岐阜市

鵜飼タイトル 

岐阜県岐阜市の長良川で毎年511日から1015日まで行われる良川鵜飼ながらがわうかい)を見る機会があった。

岐阜市が運営している鵜飼観光舟は、18時45分に出舟、舟の上で夕食を食べながら鵜飼の始まる19時30分を待つ。

鵜飼が始まるのを待っているときに、週に二回行われるという歓迎踊り舟(船上に浴衣を着た若い女性が盆踊りのような踊りを披露する)が観光舟の脇に停泊し わたし達を歓迎してくれた。

鵜飼開始時間になると長良川沿いの街路灯が消され、川の上流から燃え盛る篝火(かがりび)が灯された鵜舟が下ってきて、観光舟の脇で華麗かつ幻想的な漁法が展開される。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年04月17日

江戸城址へ桜見物…千鳥ヶ淵公園

花びらの湖面
暖かなお花見陽気に誘われて12日、老妻と二人で皇居・千鳥ヶ淵公園へお花見と洒落込んだ。

無常の世の中、来年のお花見を二人そろってみることが保障されていない現世において、思い立ったら行動しようと都心へ出てお花見をしてきた。

若葉台駅から京王線で笹塚へ、都営地下鉄線乗り換えて「九段下」下車。
世の中は便利になったもので老人にも迷うことなく簡単に行けた。
     (写真はクリック拡大ができます。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年04月15日

長興山紹太寺の枝垂れ桜(かながわの名木100選)

しだれ桜1冥土(めいど)の土産として、足腰がしっかりしている時に神奈川県下一番と評される長興山紹太寺(ちょうこうざんしょうたいじ)枝垂桜(しだれざくら)を拝観してきた。

2008年、2009年と今回で3回目。

箱根登山鉄道の終点 箱根湯本の一つ手前 入生田駅(いりゅうだえき)下車

徒歩約20分。桜のシーズンは参道への車の乗り入れ禁止。

興山紹太寺を右に見て、舗装された傾斜およそ10度の坂をひたすら登っていく。

途中から15度くらいの急傾斜になり、身体にきつく感じる。年配者にはきつい上り坂だ。

坂を上がると目の前に、美しい枝垂桜が現われる。
   (写真のクリック拡大可)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年04月13日

旧多摩聖蹟記念館と桜ヶ丘公園の桜

明治記念館
京王線の駅名に「聖蹟桜ヶ丘」がある。京王電鉄の本社所在地。

 

駅名のルーツは、多摩市連光寺にある「旧多摩聖蹟記念館」(左写真)にあり、旧多摩聖蹟記念館は桜の名所 都立桜ヶ丘公園にあることから名付けられた。
   (写真撮影:平成24年4月9日)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:11

2012年03月26日

伊豆の遅い春を訪ねて

おおかんさくら
3月24日・25日の二日間、伊豆の春を訪ねる小旅行を行った。

沼津から国道136号線、414号線をとおり、天城越えをし、河津町の河津七滝を散策。

川端康成の「伊豆の踊子」の舞台を遊歩道に沿って歩いた。

河津町の有名な河津桜はすでに散り、葉桜だった。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2012年02月24日

笠間稲荷神社を参拝

キツネ0
JAセレサ川崎果樹部柿生支部視察研修会
の行程に、笠間稲荷神社が組まれており、生まれて初めて参拝しました。

笠間稲荷についてはよく耳にしていたが、今回の参拝で思いを叶えることができました。
笠間稲荷日本三大稲荷の一つと言われています。
残りの二つは、お稲荷さんの総本山と言われている京都の伏見稲荷と佐賀県にある祐徳神社という説が一般的ですが、地域により おらが稲荷も三代稲荷の一つというところがあり、明確ではないようです。(例えば豊川稲荷?)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年12月06日

東京湾 屋形船・浅草寺界隈散策

役者像3

秋の農作業が一段落した11月30日(水)、生産組合黒川支部では組合員とその家族も参加して親睦日帰り旅行がありました。

行き先はセレサモスを出発して東京湾 屋形船で昼食をとったあとで、浅草寺界隈をのんびりと散策するというものです。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年12月04日

「貧乏神神社 味噌蔵諏訪分社」に参拝

貧乏神様
世の中には、思いつかないことがあるものです。

わたしは日頃大変お世話になっている貧乏神にお参りする機会がありました。 

お陰様で貧乏神に守られたわたしは今日までストレスも無く健康で、明るい生活を送ることが出来ています。

先日の諏訪湖方面へのバス旅行の際に、わたしが無意識に崇拝している神さまにお会いする機会がありました。

貧乏神様です。
   (写真:味噌蔵諏訪分社に祀られている貧乏神様のお顔…侘しい、さびしいお顔)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年11月28日

長野県諏訪湖の朝と間欠泉、清里 萌木の村

11月17日、18日にある研修で諏訪湖方面に行き、上諏訪に宿泊しました。

その10日後の11月26日、27日に家族で再び諏訪湖方面に行き、上諏訪の別の宿をとりました。
いつもの習慣で、朝の諏訪湖周辺を散策した時に撮影した上諏訪から下諏訪方面を望む諏訪湖のパノラマ写真です。
           (すべての写真をクリックすると拡大表示できます。)

朝の諏訪湖を上諏訪から望む

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年11月27日

川崎港魅力体験ツアー

マリエン外観
麻生観光協会川崎港魅力体験ツアーに参加した。

京浜工業地帯の中核をなす工業港として、エネルギー供給基地として、首都圏の産業と市民生活を支えている川崎港。

首都圏の物流拠点、国際貿易港として発展している川崎港の姿をこの目で学びたくツアーに参加した。
     (写真:川崎マリエン、川崎港振興協会)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年07月06日

柿生のあじさい寺…浄慶寺

小坊主の拭き掃除

毎年、この時期になると柿生駅近くにある浄慶寺(麻生区上麻生6-34-1)を訪ねる。

ここは あじさい寺として有名で、神奈川の花の名所100選に選ばれている。

境内にある雨に濡れたあじさいと滑稽な羅漢さんに会いに行くのだ。

毎年、新作の羅漢さんが古参の羅漢さんに交じってさりげなく境内に置かれている。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2011年07月02日

桜木町界隈散策

33[1]余生も少なってきた今日この頃、残された人生を如何に愉快に過ごすかということに関心を抱き、横浜桜木町にある横浜ランドマークタワーで行われた講演会を聴講するために久しぶりに、みなとみらいへ出かけた。

蒸し暑い曇り空の天気だった。

7月1日から「電力使用制限令」が発動されているため、館内は照明が間引きされ、エレベータも一部稼働停止、冷房も控えめというように電力の15%削減措置が見られた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:02

2010年02月16日

法師温泉・長寿館…群馬県

囲炉裏と鉄瓶
一度は行きたいと思っていた群馬県三国峠にある「法師温泉・長寿館」。

厳寒期で雪が激しく降り雪に埋もれた「法師温泉・長寿館」を家族で訪ねて宿泊した。

法師温泉・長寿館」というと年配者には、上原 謙(加山雄三の父)と高峰三枝子が出演した国鉄のフルムーンキャンペーン ポスターでの温泉の入浴シーンを懐かしく思い出されるのではないだろうか。昭和56年に国鉄の駅に張り出されて人気を呼んだが、その入浴シーンを撮影した温泉がこの「法師温泉・長寿館」。

また「日本秘湯を守る会」の加盟旅館でもある。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年12月25日

多摩センターイルミネーション2009

クリスマスライト今年で9年目を迎えた多摩センター パルテノン大道りの多摩センターイルミネーション

ここ数年、クリスマスを前に仲間たちと鑑賞に訪れている。

期待にたがわないイルミネーションは、年々充実してきている感がある。

昨年はこのイルミネーションを230万人もの人たちが訪れたという。

40万球ものライトに彩られたイルミネーションは、全国的に有名なイルミネーションとしての地歩を築いてきている。
                     (写真をクリック拡大してご覧下さい!)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年11月07日

冬桜・紅葉観賞と長瀞ライン下り

冬桜1

11月に咲く冬桜の艶姿を求めて、群馬県藤岡市鬼石町にある有名な桜山公園を11月6日に訪ねた。


紅葉と桜のダブル鑑賞を狙って行ったが、冬桜は3-4分咲きで紅葉は2週間早かった。途中では、長瀞のライン下りも合わせて楽しんだ。

(社)川崎西法人会 女性部会/厚生委員会主催のバスツアーに参加したのだ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年06月29日

日本平と清水港船弁クルーズの旅

赤い靴の銅像日本の所得税は国の基幹税。個人所得税は個人の確定申告による申告納税と源泉徴収があって、これは国民の義務。

 

給与所得者は会社が手続きをするが、自営業や会社を経営している人はその納税義務がある。

 

川崎西税務署管内対象者で個人所得申告の相談や手続きの指導を行う川崎西青色申告会がある。

 

同会の会員を対象にしたバス研修旅行(日本平と清水港船弁クルーズ)が6月に行われた。

 

(写真:日本平にある「赤い靴の像」)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年06月23日

紫陽花(アジサイ)と相模原北公園

ぷーさんと雨

梅雨の雨が続きますね!

若葉台駅から京王相模原線で終点の橋本まで15分。橋本からバスでおよそ10分の所に、相模原北公園があります。

ここには和・洋種あわせて200種・10000株の紫陽花(あじさい)が植えられており、梅雨空の下で見事な花を競って咲かせています。

  (この記事は毎年好評なので、再掲いたします。クリック拡大でお楽しみ下さい。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年06月17日

花菖蒲…明治神宮外苑

菖蒲明治神宮に参拝した折、境内にある美しい日本庭園・明治神宮御苑花菖蒲を拝観した。

6月の初めだったため3−4分咲きの花菖蒲であったが、都心とは思えない武蔵野の面影を残す苑内、深い新緑の緑に包まれた静けさの中で、ひっそりと咲いていた。

日本全国から訪れた明治神宮参拝客が、心を落ち着けるひと時をこの御苑で過ごされていた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年04月13日

箱根湯本 早川沿いの桜

箱根湯本 早川と須雲川の合流地点 蕎麦屋「はつ花」新館 弥栄橋付近で川面にかかる桜を撮影。

(平成21年4月3日、クリック拡大可)

 

箱根湯本早川の桜210403m

 

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年04月07日

春爛漫 麻生川の桜並木

311[1]麻生川の桜が8分咲きという連絡を新百合ヶ丘に住む先輩から受け、急遽、お花見に駆けつけました。まさに4月6日(月)は、風流な花びらも散っていて満開でした。 (クリック拡大可)

 

折しも麻生川の桜並木の柿生駅寄りでは、はるひ野小学校児童の環境美化に関するポスターも掲示されていますので、お時間のある方は是非ご覧下さい。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:03

2009年04月05日

長興山紹太寺の枝垂れ桜

枝垂れ桜全景1今年も箱根湯本に近い入生田(いりゅうだ)にある「かながわの名木100選長興山紹太寺(ちょうこうざんしょうたいじ)樹齢340年と言われる枝垂れ桜に4月3日に会いに行ってきた。

 

黒川の樹齢400年の山桜を拝観したので、どうしても長興山紹太寺の枝垂れ桜に会いたくなったのだ。

昨年と変わらず美しい枝垂れ桜を拝観することができた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年03月31日

伊豆高原のお花見

桜まつり210330今年の都心の桜開花予想は3月24日が21日に繰り上がった。

都心よりは気候が温暖と理解し、伊豆高原の3kmにわたる桜並木・桜のトンネルを堪能しようと28日から30日まで二泊三日で出かけた。

意に反して、ここのソメイヨシノの開花状況はまだ2分咲きというところで、満開には程遠い状況だった。 

当地では、3月14日から4月5日まで「桜祭り」が開催されているが、最後の今週末あたり(4月4日、5日)が満開と考えられる。

    (写真:伊豆高原駅近くで撮影した「桜祭り」の状況。3月30日撮影)

それではと、大室山の裾にある「さくらの里も訪ねたが、同じような状況でがっかりした。

宿泊所の温泉にのんびりと浸かることができたので良かったことにしよう。

    (29日と30日の当ブログ記事は、自宅に不在だったので予め投稿しておいた原稿の自動投稿システムで運用した。)

  
Posted by tomato1111 at 00:03

2009年03月08日

武相荘 白洲次郎

入場券NHK総合TVドラマスペシャル 白州次郎」をご覧になりましたか?

1時間半の3回シリーズ番組で、2月28日(土)、3月7日(土)の夜放映、3回目は放送日の発表がないが今年の夏ごろと聞く。

 

昭和18年(満41歳)、諸外国の事情をよく知っていた白洲次郎は、第二次大戦で日本の敗戦を予知し、被災を免れるため南多摩郡鶴川村に藁葺屋根の農家を買い一家で転居。

 

その白洲次郎が住んでいた農家が、武相荘(ぶあいそう)として一般公開されている。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年03月06日

早春の薬師池と梅の花

梅の花 切り抜きマスターひな祭りの過ぎた快晴の日に、町田市の薬師池へ観梅と 一人でしゃれこんだ。

桜の花と違い梅の花は、咲いている期間が長い。 春のおとづれを告げる美しい梅の花をゆっくりと堪能してきた。

 

週末の天候が心配だが、まだ十分楽しめると思う。

(詩心があれば、一句したためたいところだが「やくし茶屋」の団子の香りに負けてしまう ていたらくな老人なのである。)

    (写真をクリックし 画面いっぱいに拡大してお楽しみください。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05

2009年02月11日

奥飛騨温泉郷 北アルプスの眺望

雪が降る岐阜県奥飛騨温泉郷・平湯温泉2月7日(日)一泊し、翌日は新穂高ロープウエイに乗り、西穂高口(ロープウエイ終点)へ行った。

 

天候に恵まれて、雪を抱く厳冬期北アルプスの山岳眺望を楽しんできた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:05