2019年06月10日

時短レシピ

料理災害時は ガス・電気・水道などのインフララインが機能しなくなり、日常生活に不便をきたす。

なかでも生命を維持するための食事は 欠かせない。

そのような中にあって 水やガスを節約するために レトルト食品やカップ麺を備蓄品として備えて置き、いざというときに 
簡易に調理ができる時短レシピの紹介が朝日新聞2019年5月23日の朝刊に掲載されていました。

これからのキャンプでも役に立つし、好きな山登りの時にも試そうと考えています。

記事を頭の片隅に置いてください。

  続きを読む

Posted by tomato1111 at 00:00

2019年05月22日

鶏むね肉のチャーシュー

料理鶏むね肉は 経済的な食材。

それをうまく食べる方法が インターネットにあった。

作ってみたところ確かに美味い。

食卓の常備菜として 重宝している。

安い材料を 簡単なプロセスで作れる「鶏むね肉のチャーシュー

お試しあれ!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年04月22日

包丁の簡単な刃の研ぎ方

料理わたしの気分転換に 料理を創ることがある。
自分の食べたい野菜は タネを蒔き 育て 収穫して 自分流に料理を行って食べるのだ。
料理に欠かせないのは 食材を刻むために 包丁は必須。
韓国の焼肉の場合は、ハサミで肉を切るが 野菜は包丁を使うのが一般的。
その包丁も 毎日使っていると切れ味が落ちてくる。
切れ味を復活させるために 色々な道具がある。
昔は砥石(といし)を使っていたが、今は専門道具が主流。
インターネットに カップや小皿などの陶器の裏側を利用して研ぐ方法が紹介されていました。
それなりに切れ味が復活しますので お試しください!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2019年03月27日

「男のままごと料理」索引

思考


「男のままごと料理」の索引です。ご活用ください。



蕗の薹(ふきのとう)のおひたし

ゴーヤとツナの和え物

爽やかな豆乳のサイダー割り

奥能登秘伝の隠し味 いしり

レンジでご飯を炊く!ダイソー「炊飯マグ」とは!

ネギ坊主の天麩羅

美味しい焼き芋の作り方

カジュアルクリスマスパーティ…アウトドアキッチン

「シシトウの甘辛炒め」…これがうまい!

ふきの佃煮…保存食

大根の土佐漬け

簡単な大根の焼酎漬け

ブロッコリーの洗い方(虫を捕る)

[はかり不要]1人前パスタの超簡単計量

生姜の皮はスプーンで

ピーマンの葉の佃煮・・・昔風

*ツナとピーマンの中華風炒め

雨降りの台所遊び

とろーり卵が最高!カルボナーラトースト

飲む点滴…甘酒

ピザ風トーストを創る

ミニトマトのキムチ…手抜き料理

創作ミニトマトカレー

丸茄子の漬物…山形の定番漬物

レンジで作る 茄子の煮浸し

太いきゅうりをおいしく食べる!

簡単!白菜料理

白菜のコンソメ煮

創作お焼き・・・キムチを使って

坊ちゃんかぼちゃ・・高級料理法

ナスとピーマンの味噌炒め

超簡単!麺つゆできゅうり漬け

ビールのつまみはこれに決まり!

明太子ピーマン…男の料理

フキの甘辛煮

生卵を使ったウルトラ簡単つけ麺

豚もやしスープ…めちゃうまい

シソの実の佃煮3種

育ちすぎたきゅうりをおいしく

きゅうりの簡単一夜漬け

ナスとピーマンの味噌炒め…安くてうまいご飯のおかず

BB(ベリーベリー)酒を仕込む

創作:地中海風シーフードカレー

創作トマトカレー

インゲンのバターソティ

歯ごたえの良いラッキョウの漬け方

コールスローを作る

辛いスープ…モズクのサンラータン

暑いときに辛いスープ

ブラックベリージャムを作

ミニトマトのコンポート(砂糖煮)

きゅうりのQちゃん漬け

素朴なジャガイモ煮

大根の千枚漬け

気になった…御酢レシピ

青梅を使ってウイスキー梅酒と梅シロップを仕込む

サヤエンドウとツナの卵とじ

蕗(ふき)の甘辛煮

竹の子掘りとタケノコご飯

ネギとノラボウ菜の簡単料理

大根の料理 3種

ピーマンを食べつくす

唐辛子を好む

ハスイモ…芋の芋茎(ずいき)

茄子の煮びたしをつくる

トマトソースをつくる

お新香(粕漬)…昭和生まれには欠かせない

竹の子汁…東北・山形の味

新じゃがいもの揚げ煮

梅シロップを仕込む

玉ねぎの収穫とポテトサラダ

竹の子のオイスター炒め

(塩麹)手羽先のオーブン焼き

話題の塩麹を仕込む

水餃子をつくる

我が家のウチ クリスマス

夕食を創る

落花生と間引き大根を食す

赤シソジュース

スペイン料理「パエリャ」

ゴーヤジュースに挑戦

ブルーベリージャム・ゴーヤチャンブルー

鶏肉の無水トマトカレー煮込み

美味なる自家製精進揚げ

歯ごたえの良いラッキョウの漬け方

淡竹(はちく)の味噌汁

シニア向け超シンプル料理

もやし野菜鍋

ピーマンを使った料理

ゴーヤ(にがうり)を乾燥させる

ブルーベリージャムを作る(自己流) 


美味しいポテトフライ

 

マーマレイドを作る  

 

初夏の常備菜を作る

 

タケノコご飯

 

グーラッシュ・スープを作る

 

自家製大根の漬物レシピ

 

聖護院大根の千枚漬け 

 

ローストチキンを庭で作る 

 

キリギリス定食 

 

自作野菜を食べる 

 

初級BBQインストラクタ講習会 

 

超簡単「梅シロップ」の作り方 

 

タマネギの収穫 

 

山椒味噌を楽しむ 

 

特製 ビーフシチュー 

 

黒川大根の甘酢漬けの研究 

 

いんげんのバターソテー

 

梅シロップの作り方 

 

うまいポテトサラダ 

 

美味しいラッキョウの漬け方 

 

梅味噌ドレッシング        

 

香りを楽しむ“青ジソ味噌”  

 

蕗を使ったおかず二種 

 

山椒味噌を作る  

       

蕗味噌(ふきみそ)を楽しむ 

 

“筑前煮”を作る

 

凄い圧力なべ 

 

紫蘇の実の塩漬け 

 

第二次大戦時の食べ物 

 

黒川のブルーベリージャム 

 

ブルーベリー酒の作り方 

 

梅味噌ドレッシング

 

歯応えの良いラッキョウの漬け方

 

梅シロップの作り方 

 

男がつくる 中華風おこわ

  
Posted by tomato1111 at 00:30

2019年03月22日

蕗の薹(ふきのとう)のおひたし

蕗300


ありがたいことに 畑の蕗の薹は、収穫しても次の蕗の薹が芽を出してくれる。

収穫を怠っていると ドンドン成長して蕗(ふき)になってしまう。

今回も小さなざる 一杯に蕗の薹を収穫した。

量があるので蕗の薹をまるごと使った お浸しを作って賞味しました。

小さく刻んだものと違い、口の中で 独特の苦みが感じられて 一人春が来たという実感がしました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:30

2018年09月07日

ゴーヤとツナの和え物

ゴーヤ

庭先に植えたゴーヤが 健気に実を付けている。

ゴーヤは 毎日食べるものでもないし、わたしのレパートリーは「ゴーヤチャンプルー」くらいなもの。

暇なときにCOOKPADを見ていたら、「ゴーヤとツナの和え物」というレシピに出会った。

材料も少なく、煮炊きする必要がない夏向きのレシピで、何より 
ゴーヤサラダ感覚でシャキシャキ食べられるのが良い。

目に鮮やかな緑色のゴーヤが食欲をそそる。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年08月21日

爽やかな豆乳のサイダー割り

kanpai_01[1]

わたしは生活習慣病を宣告されてからは、時々は牛乳を飲みますが 

普段は豆乳を常飲している。

豆は体に良い、納豆も良い。

その豆乳に サイダーを入れて割った「豆乳のサイダー割り」のレシピがあった。

好奇心旺盛な管理人、早速トライしてみた。

夏だから氷も投入!

健康的な夏向きのさっぱりした飲み物だった。

お試しあれ!!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年07月22日

奥能登秘伝の隠し味 いしり

いしり180
イカやイワシ、サバなどの魚介類を原料としてつくられる醤油を魚醤(ぎょしょう)と言われ、
大豆などの穀物を原料とする一般的な醤油は 穀醤(こくしょう)と言われます。


奥能登・能登町の「いしり
とは イカのワタを塩にまぶし、約2年以上熟成させた魚醤油のことです。

能登の輪島港でイワシやサバを原料にしてつくられる魚醤は、「いしる(魚汁)」と呼ばれます


かって能登半島を旅行した時に 興味本位で「いしり」を買って自宅で愛用したことがあり、
その独特の風味が忘れられず、時々 現地から取り寄せて自分料理の調味料に使っています。

久し振りに 「いしり」の味を思い出してインターネットで取り寄せました。

一度経験すると忘れられない癖のある味です。

煮込みうどんに入れて食べるのが、年寄りのわたしの流儀です。


他には 秋田県に日本海でとれたハタハタを塩漬けにしてじっくり熟成させてつくる魚醤油の「しょっつる」が有名であり、
海外ではタイのアンチョビなどの魚を原料にした「ナンプラー」が伝統的な調味料としての魚醤油が有名です。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年05月26日

レンジでご飯を炊く!ダイソー「炊飯マグ」とは!

478[1]戦中生まれの管理人は、食べること・料理を作ることに興味がある。

自分で食べたい野菜は、畑にタネを蒔いて育ててから食べる。

高級な料理よりは質素な食べ物が良い。

今も興味ある料理は自分で作っている。

EVERNOTEに保存してある興味あるレシピは、1400件ほどあり、材料や調理法により即座に検索できるようになっている。

その管理人が、ダイソーで販売しているというレンジでご飯を炊く「炊飯マグの記事が目に留まった。

好奇心旺盛な管理人は、近いうちに手に入れて、試してみたいと考えている。  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2018年05月15日

ネギ坊主の天麩羅

cook
恥を承知でこの記事を書いている。

久し振りに畑へ行ったら、ぐうたら百姓の神髄 ほったらかしだったネギにタネがつくネギ坊主があちこちにあった。

地元の先輩と雑談しているとき、ネギ坊主をセレサモスへ 天麩羅の材料として出荷しているという話を聴いた。

そこで今まで経験したことがなかったが ネギ坊主の天麩羅を作ろうと発心し、ネギ坊主を摘んで家に帰り自分流に作ってみた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2017年12月20日

美味しい焼き芋の作り方

yakimo美味しい焼き芋の作り方が インターネットにありました。

農家だった管理人は刈り取った稲を脱穀し、精米機で剥いて米を取り出したあとの残り物である もみ殻を燃やすときに、
その火の中にくべて焼くサツマイモが一番うまかったと記憶しています。

また農家の囲炉裏(いろり)で火にあたりながら 焼けた灰の中にくべて焼くサツマイモも美味しかったです。

しかし黒川も近代化し、わたしの家が耕作して稲を作っていた田んぼも はるひ野の開発に伴い消滅してしまい 
藁ぶきだったわたしの家も壊したので 美味しい焼き芋を食べる機会がなくなりました。

従ってサツマイモを蒸かして食べることは台所で出来ますが、焼き芋は簡単ではありません。

その焼き芋を オーブンを使って焼く方法が紹介されていました。

ご参考までに!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2017年12月17日

カジュアルクリスマスパーティ…アウトドアキッチン

cook男子厨房に入るべからず』と言う言葉がある。
男子厨房に入るべからず」とは、家事は女性が行うので、男性は厨房に入って料理を作ったり片付けたりしないといった、昔から使われていた言葉だが。
今や共働きが当たり前の時代へ変わりつつあるなかで、約8割の既婚男性が、「男子厨房に入るべからず」を否定しているというデータがあります。
管理人は農家の端くれ!
自分で作った野菜は、責任を持って消費するという建前から料理が大好きで、退職後は町田にある料理学校へ2年間、通ったほどです。
黒川青少年野外活動センターで、フードコーディネーターの松岡明理さんのアウトドアキッチンのプログラムがあり、
参加のお誘いを受けていたので教室をのぞかせて戴きました。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2017年08月18日

「シシトウの甘辛炒め」…これがうまい!

料理庭先の坪庭(坪畑?)で妻とわたしの二人用夏野菜を育てて楽しんでいる。

そこに僅か4株のシシトウの苗を植えているが、余程 はるひ野の土壌が気に入ったのか、食べきれないほどの実を付けてくれる。

適当な大きさになったら収穫しないと お化けシシトウになるので2-3日置きに収穫している。

シシトウは 味噌汁の実にはならないし、漬物にもならない。

食べ方をあぐんでCOOKPADで検索したら、億劫なことが嫌いなわたしにピッタリな調理法が掲載されていた。

それがこの「シシトウ甘辛炒め

たくさん作って、冷蔵庫に保管し、食事のたびにおかずとして愛用している!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 16:12

2017年06月06日

ふきの佃煮…保存食

料理
久し振りに畑へ行ってみたら、まだ蕗(ふき)が自生していた。

前回は蕗の甘辛煮を作ったが、今回は保存食としてのふきの佃煮」に挑戦した。

先日、黒川のそば処「かごや」で、酒のつまみに出た懐かしい蕗の佃煮(キャラブキ)がうまかったので、何とか自分で作ってみたいと考えていたのだ。

何の飾りつけもない、現代人好みの調味料の味もしない、ごくシンプルな醤油で煮しめられた昔風の「ふきの佃煮」だったのだ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2017年02月28日

大根の土佐漬け

料理今年の大根漬けで 最近、最も気に入っているのが『大根の土佐漬け』。
オリジナルは農協の機関紙「家の光」の付録に掲載されていたのを試してみたところ、意外に簡単でかつ 美味しい漬物だった。
昔のタクアン漬けのように大袈裟な準備や、陰干しなどの作業はなく、思い立ったらすぐに作れるのが良い。
削り節を入れるので、風味がすぐれている。
お試しあれ!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2017年01月22日

簡単な大根の焼酎漬け

料理農家向け月刊誌「家の光」1月号別冊付録に掲載されていたレシピ。

極めて簡単に作れる 大根の漬物

材料も手間も少なく、手抜きを得意とするわたしにも 迷わず作ることが出来ました。

畑には 大根が消費を待っているが、老妻との二人暮らしでは 三浦大根1本を使い切ることが難しい現状であり 大根を主食にするわけにもいかず頭が痛い。

大玉の白菜も消費を待って、畑で待機中であり これも食べてあげなければならない。

白菜は熱を通すと量が減るので、鍋などで料理して食べてあげよう。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2017年01月19日

ブロッコリーの洗い方(虫を捕る)

料理

自家用野菜の栽培では、意識的に農薬を使いません。
秋冬の食卓上で 色鮮やかな緑色のブロッコリーは、食欲をそそります。
しかし厳しい寒さを避けるために 虫たちも野菜の中に潜り込んでいることが多いものです。
農薬が使われていないからこそ 虫がついているのですが これを好まないのが一般的です。
そこで食べる前の処理法として 塩水につけるという方法がクックパッドで紹介されていました。
お試しください!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年12月27日

[はかり不要]1人前パスタの超簡単計量

料理

料理レシピサイト「クックパッド」を見ていたら 良い記事に出会った。
はかりを使わずに 1人前のパスタ(およそ100g)を計量できるという方法。
わたしも昼飯に一人分のスパゲッティを作って済ませることが多く その場合はその場の目分量で計っていたが、
これからはこの手法を使って、定量的な量のパスタをとることにしようと思う。


  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年11月19日

生姜(しょうが)の皮はスプーンで!

料理わたしは料理が好きだ。

料理も物つくりで過程が楽しいし、自分好みに作った成果物も納得して食べる。

前回、根菜の汚れ落としに、アルミホイルをクシュクシュと丸めてゴシゴシこすれば良いという記事をアップしたが、今回は 生姜の皮むき

生姜の皮をむくのに包丁やピーラーなどを使わずに、スプーンのエッジで削るように剥けるという記事に出会った。

手のひらに生姜をのせ、スプーンを使うので危なくなく簡単に向けるというもの  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年09月22日

ピーマンの葉の佃煮…昔の味

料理庭先の家庭菜園に植えたピーマンも9月の声を聴いたら元気がなくなってきた。
肥料の与え方が少なかったかもしれない。
猫の額ほどの家庭菜園であり、そろそろ秋から冬、来春に備えての季節の入れ替えを行う必要があり、茄子・きゅうり・ピーマンを根こそぎ抜いた。
抜いたピーマンを見ていて、子供のころに母が作っていた「ピーマンの葉の佃煮」をふと 思い出し創った。
今から60年前の田舎料理。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年08月24日

ツナとピーマンの中華風炒め

料理庭先の菜園に植えたピーマンが、セッセと実をつけている。
これも冷蔵庫の中がいっぱいになってきており、消費をしなければならない。
定番の肉詰めは、大げさなので 年寄りの自分にとってシンプルな料理が良い。
ネットでピーマン玉ねぎを使ったレシピを見つけ、トライした。
ツナ缶は常備しており、玉ねぎも今夏収穫したものがあり、買い物をしないで作れた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年06月14日

雨降りの台所遊び

料理13日(月)は朝から土砂降りの雨が降っていた。

これを見込んで昨日までに必要な畑仕事を済ましておいたので、一日、我が家で過ごす。

孫二人は土曜日が登校日だったため、月曜の今日は学校が休校。
そのため朝の10時には「爺!これから暇つぶしに遊びに行くぞ!」という一方的な電話がかかってきて、我が家へ上がり込み自分たちの遊びを始めた。
妻はコーラスで家を空けていたので、これ幸いとばかり台所を占有し 気晴らしのままごと調理をした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年02月10日

とろ〜り卵が最高!カルボナーラトースト

料理爺一人の昼食、何を食べようかな?

材料が多かったり、手間がかかるのは作りたくない。

買い置きの食パンをアレンジした うまいトーストメニューを見つけた。

その名は「カルボナーラトースト」。

とろ〜り卵とさっくりトーストが うまい、とろとろチーズも たまりません。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年02月06日

飲む点滴…甘酒

甘酒のコピー
飲む点滴の異名をもつ「甘酒」。
疲れたときや、ここぞ!という場面で「甘酒」を飲み、元気になろう

というタイトルの興味深い記事がインターネット Livedoor News に掲載されていました。
歳のせいか 疲れやすくなった昨今、冬の寒さも身に染みる昨今、甘酒を晩酌に変えエネルギーチャージして、体に元気を補充しようと考えています。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2016年01月06日

「ピザ風トースト」を創る

料理正月のおせち料理、お雑煮に飽きた管理人は、cookpadにあった「オニオン&ベーコンでピザ風トースト」をトライした。
何しろこのレシピで使う材料は、冷蔵庫にあるものばかりであり、調理器具はトースターなので ぐうたら爺を悩ませるものはない。
あっという間に出来上がり、溶けたチーズが食欲をそそる「オニオン&ベーコンでピザ風トースト」を ブラックコーヒーを飲みながら 優雅に賞味した。
それにしてもラジオから 広沢虎造の浪曲「清水次郎長伝」を聞かれなくなってから久しい。
あの独自の節回し「虎造節」を聞きながら、ピザトーストを食べるのも乙なものなのだが!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年08月20日

絶品!シーフード・トマトカレー

庭のミニトマト220714

連日残暑が厳しい。辛いカレーが食べたい。

家庭菜園では食べきれないほどのミニトマトが連日、食べごろを迎えて、冷蔵庫がいっぱい。

ならばトマト消化のために自家製トマトカレーを創ったところ大成功!

今回はさらに簡単な創作シーフードカレーにチャレンジした。

男が作る料理:目分量、手抜きなど料理のセオリーを無視した勝手な創作なり。

(写真:庭のミニトマト)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年08月06日

ミニトマトのキムチ…手抜き料理

ミニトマト・キムチ200

Cookpadでミニトマトのレシピを見ていたら、これはっと思ったのが「ミニトマトのキムチ」。
庭先で寸断無く収穫できるミニトマトの 新しい食べ方。

ミニトマトを保存袋かビンに入れ、桃屋の「キムチの素」を入れてなじませるだけという。
ミニトマトにキムチの素をなじませ、冷蔵庫に三日置いてから食べてみたが、なかなか乙な味がするミニトマトに変身していた。

食卓の上にさらりとおけば、アクセントになり、かつ、舌を楽しませる大人のミニトマトとなる。

  
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年07月22日

太いきゅうりをおいしく食べる!

料理家庭菜園をやっていると、手入れさえ怠らなければ、みずみずしい夏野菜がひっきりなしに収穫できる。
キュウリもその一つ。
夕方、たっぷりと水をあげると、キュウリは期待にこたえてグングンと成長する。
朝は細かったキュウリも夕方には太くなっている。
増してや収穫を逃すと、直径が5cmくらいの太いキュウリになってしまう。
そのキュウリを使った料理の方法が、朝日新聞の投書欄に掲載されていた
  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年07月20日

レンジで作る ナスの煮浸し

料理自然の力はすごい。
庭先の空き地に植えたナス苗が黒川の自然・大地の力で成長し、絶え間なくナスを生産してくれる。
昔は油をギトギトに使った味噌炒めをよく作っていたが、体も老いてきて油を必要としなくなってきた。
ナスと油の相性は抜群に良く、油を吸ったナス料理はうまいが、最近は避けている。
そこで本来、怠け者のぐうたら爺さんが作ったのは、超簡単・電子レンジを使ったナスの煮浸し。
難しい技術や ややこしい調味料は使わず 電子レンジで「チン」するだけで作れるのでお試しあれ!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年07月14日

丸茄子の漬物…山形の定番漬物

料理今年の春に山形の丸茄子(まるなす)の苗が手に入ったので、庭先に10本ほど定植した。
普通のナスも植えてあるが、丸茄子はしっかりと根を張り樹勢もがっちりとしている。
丸茄子の目的は、山形の定番漬物を作ることである。
本場山形の方にレシピを教えていただき、試作品を仕込んだ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2015年01月15日

簡単!白菜料理

料理庭先の坪庭で白菜がこの寒さの中でうまみを増して待機している。
冬の定番野菜白菜があり、毎日の食卓を賑わしてくれている。
老夫婦にとって一株の分量は多すぎるので その食べ方を調べていたら「くたくた白菜」というレシピに出会った。
試作してみると、鍋を使わず超簡単の割には おいしく仕上がることがわかり今後の定番料理にしようと思う。
ペロリ!と食べられるので、お試しあれ!!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年12月29日

白菜のコンソメ煮

料理最近は歳を取ってきたせいか、面倒くさいことや複雑なことは毛嫌いするようになってきた。
大好きな男料理も、材料が少なく、簡単な料理を意識的に行うようになってきた。
寒さが増すと畑の白菜も成長し、美味しくなってくる。
今日は、材料は三つだけで超簡単な白菜を大量に消費する「白菜のコンソメ煮を作った。
難しいテクニックやノウハウも必要なく、味付けはコンソメとベーコンのダシだけで、うまいのだから ありがたい!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年10月27日

創作おやき…キムチを使って

料理畑での農作業に、精を出したので腹が減った。
昼飯に何を食べようか思案したが、子供のころに母親がよく作ってくれた「おやき」を作ることにした。

わたしが「おやき」と呼んでいるが、正式な名前はわからない。

おやきというと皮の中に餡(あん)が入っているのが一般的だが、我が家は黒川の貧農だったので具はなかった。
小麦粉にベーキングパウダー、卵、牛乳を入れてこねまわし、それを 油を敷いたフライパンの中に薄く入れて、ただ焼くだけのもの。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年09月23日

坊ちゃんかぼちゃ…高級料理法

料理畑の空きスペースに、毎年、坊ちゃんかぼちゃを作っている。
今年も順調に生育し、たくさんの坊ちゃんかぼちゃが収穫できた。
今までは単純にかぼちゃの小型サイズ版としての認識で料理をしてきたが、今年は丸ごと電子レンジで「チン!」するだけのウルトラ手抜き料理を試みた。
即ち 坊ちゃんかぼちをよく洗って汚れを取り、それを皿の上に載せラップをして電子レンジに10分かけて完成。
鍋不要、調味料不要、水分不要、包丁不要で、丸ごと電子レンジで「チン!」するだけ。
出来上がった坊ちゃんかぼちゃの味は最高!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年08月27日

ナスとピーマンの味噌炒め

料理家庭菜園でナスピーマンが獲れる。
これを使った男料理を探していたら、「ナスとピーマンの味噌炒め」というレシピがヒットした。
材料と作り方を見たら、ずぼらな管理人にぴったりのレシピだったので、昼寝の時間(我が家の台所が空いている時間帯)を割いて作ってみたが、これが実にうまかった。
何よりスーパーへ材料を買いに走らなくても、すべて畑で調達できるのが良い。
セレサモスでナスとピーマンを買っても、併せて300円以下。
味噌味がこってりとしていて、これならご飯が進む。
これも夏の定番レシピにしようと考えている。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年07月25日

超簡単!麺つゆできゅうり漬け

きゅうりの漬物
 
今までは「一夜漬けのもと」を使ったり、自分で醤油・みりん・酒を調合した汁に漬けたりしていたが、台所にあっためんつゆを使ったところ、とてもおいしいきゅうり漬けができました。
皆さんも是非、お試しあれ!
 (家庭菜園でたくさん収穫できるきゅうりの大量消費策の一環?)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年07月17日

ビールのつまみは、これに決まり!

一気のみ地産地消という言葉がある。
住んでいる地域の近隣で生産された食品を食べるのが、最も健康に良いという。
管理人の場合は亡き父親がそのシーズンに生産していた野菜を見ていたので、基本的にはそれに倣うが、新聞や雑誌に取り上げられた気になる野菜を食べたいという欲求に駆られて種から育てることもある。
理屈はともかくこのシーズン、昼の暑さが去った夕べに飲む 冷えたビールのつまみも当然、地産地消
自分の手で作った野菜(実際は黒川の自然・太陽・雨・風などが育てててくれる)をベースにしている。
ぐうたら百姓を標榜する管理人のこと、そのつまみもぐうたらが作るので いたって簡単に作れ、かつ、うまくてビールに合うものが好きだ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年07月06日

タケノコ汁・・・山形の味

料理東北地方は寒い気候のせいか、孟宗竹(もうそうだけ)がない。

その代わりに細い 笹竹が山に入ると手に入る。

山形県米沢市では笹竹のタケノコを使った変わった味噌汁「タケノコ汁」がある。

10年前に初めて「タケノコ汁」を食べたが、味に馴染んでいないせいかしっくりとこず、特においしいとは思わなかった。

最近、「タケノコ汁」を思い出して作ったところ、とてもおいしく感じられて今年に入っても数回作って食べている。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年06月21日

明太子ピーマン…男の料理

料理坪庭で栽培していたピーマンが獲れはじめた。

ピーマンは何に使っても美味しい便利な夏野菜だ。

冷蔵庫に戴きものの辛子明太子があったので、それとピーマンを組み合わせた簡単・男料理「明太子ピーマン」を作った。

これが実にうまい。ご飯は進むし、酒の肴にもぴったりの料理だ。
10分もあればできるので、お試しあれ!

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年05月19日

蕗(ふき)の甘辛煮

20120514_132111蕗 

久し振りに畑へ草むしりに行った。

柿の木の下に目をやると、ふき)が大きくなっているではないか。

早速、自家用で食べる分だけの蕗を収穫し、畑で皮をむいた。

家に帰って好物の「の甘辛煮を作った。

レシピはわたしが通った料理学校 ベターホームの「野菜料理」を参考にした。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2014年04月16日

生卵を使ったウルトラ簡単つけ麺

たまごのコピー インスタントラーメンをよく食べる。
家内が外出し一人になった昼には、ラーメンのお出ましだ。
タモリのラーメンの食べ方に『茹でたラーメンを 生卵をよく溶いたものにつけて食べる「つけ麺」がとてもうまく、タモリが気に入っている』という記事をネットで読んだことがある。(出所の記憶があいまい)
好奇心旺盛の管理人も試してみたが、何の変哲もないラーメンが、もっともらしい「つけ麺」になり確かにうまい。
普段はどんぶりに入れたラーメンに、上から溶いた生卵をかけて食べていたが、別の容器に入れた生卵につけて食べるだけなのに、何故かうまい。
生卵に因んでインスタントラーメンはクラシックなチキンラーメンがベストか?
どうか、お試しあれ!

  
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年12月12日

豚もやしスープ・・・めちゃ旨い

すーぷわたしは辛い物が好きである。

従ってこの寒い時期には、よく中華風ホットサワースープを作って楽しんでいる。

先日、インターネットレシピサイト、COOK PADを見ていたら、「めちゃ旨!豚もやしスープ」というレシピが目に留まった。

材料も少なく、作り方も超簡単なので作ってみたが、これが実にうまかった。

これはわたしのレシピ殿堂入りものと考えているほどなので、ご紹介したい。

是非、お試しあれ!! (写真はCOOK PADから転載)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年10月09日

シソの実の佃煮3種

料理今年も畑に青シソが自生した。

草むしりの時にも、そのまま置いておいたら、9月に入りたくさんのシソの実がついた。

手間がかかったがほんの一部のシソの実約300gを収穫したので、保存用シソの実漬けを作った。

あの独特のプチプチした歯ごたえと香り、味がするシソの実を使った佃煮を3種類作った。

すべて思いつきの男の料理なので、繊細なレシピや材料の分量は極めて適当で作った。

TPOでそれらを使い分けて、夕べの食卓を楽しもうと思う。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年09月26日

育ちすぎたキュウリをおいしく

料理家庭菜園をやっていると、手入れさえ怠らなければ、みずみずしい夏野菜がひっきりなしに収穫できる。
キュウリもその一つ。
夕方、たっぷりと水をあげると、キュウリは期待にこたえてグングンと成長する。
朝は細かったキュウリも夕方には太くなっている。
増してや収穫を逃すと、直径が5cmくらいの太いキュウリになってしまう。
そのキュウリを使った料理の方法が、朝日新聞8月23日(金)の投書欄に掲載されていた。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年08月26日

きゅうりの簡単一夜漬け

料理暑いとさっぱりしたものが食べたくなる。

庭先でたわわになるきゅうりを スーパーで浅漬けの素を買ってきて それに漬けて食べていた。

そんな折、ひょんな事から 一夜漬けの自家製に挑戦したところ、うまくいった。

何しろ素材のきゅうりも、一夜漬け液も自家製であり、味の調整はお好み次第。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年08月20日

ナスとピーマンの味噌炒め…安くてうまいご飯のおかず

料理家庭菜園でナスピーマンが最盛期を迎えている。

この野菜を使った爺屋のおかずが無いかと、わたしが愛用している自作レシピファイルを見ていたところ、ピッタリのレシピに出会った。

材料は、ナスとピーマンそれにごま油だけ。

他に調味料として何処の家庭にでもある 砂糖・味噌・酒・醤油・みりん。

夏野菜のナス、ピーマンを使い、ごま油の香りと味噌が合い、ご飯が進む年配者向けのおかず

セレサモスへ行けば、ナス・ピーマン共に出荷量が多く価格が安くなっており、それぞれ5個入りがおよそ100円前後で買えるため、経済的な200円レシピともいえる。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年08月13日

BB(ベリーベリー)酒を仕込む

ワインを飲む趣味でブルーベリーを育てている。
3年前に米国特許のブラックベリーの苗も植えて、楽しみながら育てている。
ある時、ご婦人と雑談をしていたらベリーベリー酒を作って楽しんでいるという話になった。
その方は、ブルーベリーブラックベリーラズベリーを一緒にした好みの果実酒を作っておられるとのこと。
わたしの手元には、ブラックベリーブルーベリーがあるので、自己流で挑戦してみることにした。
(畑には娘の要求でお菓子造りに使うためのラズベリーも育てているが、残念ながら収穫時期がそろわないので今回は見送り。)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年08月12日

創作:地中海風シーフードトマトカレー

庭のミニトマト220714

連日暑い。辛いカレーが食べたい。

家庭菜園では食べきれないほどのトマトが連日、食べごろを迎えて、冷蔵庫がいっぱい。

ならばトマト消化のために自家製トマトカレーを創ったところ大成功!

今回はさらに簡単な創作シーフードカレーにチャレンジした。

男が作る料理:目分量、手抜きなど料理のセオリーを無視した勝手な創作なり。

(写真:庭のミニトマト)

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年07月24日

創作トマトカレー

料理連日暑い。辛いカレーが食べたい。
家庭菜園では食べきれないほどのトマトが連日、食べごろを迎えて、冷蔵庫がいっぱい。
ならばトマト消化のために自家製トマトを使ったカレーを作れば!
ということでトマトカレーの創作にチャレンジ。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:00

2013年07月18日

インゲンのバターソティ

バターソテー
夏の畑には、毎年インゲンを欠かさずに作っている。
今年も狭い家庭菜園であるが、インゲンが採れ過ぎている。

そのインゲンを使ったわたしの十八番のインゲン料理「バターソテー」をご紹介しよう。

簡単でおいしいインゲン料理なので、挑戦してみてください。

  続きを読む
Posted by tomato1111 at 00:10