2022年11月20日

市販の怖い おせち料理の実態

original

今のお正月の食卓を飾るのは おせち料理ではないでしょうか?

日本でなじみの深い食材を使い、日本の国土、風土の中で独自に発達した料理こそが日本食であり 

その中でもおせち料理は和食のフルコースとも言われています。

しかしおせち料理は 早くは業者が夏ごろから素材を作り始めているという事実があり、

長い日持ちを良くするために保存剤、素材の見栄えをよくするための着色剤などの

数多くの人工の添加物が数えられないほど使われている事実があるそうです。

(昔は管理人の場合 自家の山から収穫したゆり根を使ったきんとんや、サトイモの煮付、

自家製もち米を使ってついた餅のお雑煮など我が家の畑から収穫した野菜を使った

素朴な正月料理が食卓の上に並んでいました。)

その今のおせち料理の添加物まみれの おせち料理の実態とは?


r0650





















































r1650


































































































r2650



















































































r3650































































































r4650















































































r5650



















































































r6650





































































r7650



Posted by tomato1111 at 00:00