2022年11月08日

鉄道模型「メルクリンZ」で遊ぶ

OIPad1西ドイツ駐在中に 友達の勧めでドイツらしい特産品の鉄道模型を買いました。

殆どのドイツ人は一生のうちに 一回は遊んだことがあるメルクリン社の鉄道模型。

冬が長いドイツでは外で遊ぶことができないため、暖かい部屋の中で遊べる鉄道模型は

殆どの家庭にあるそうです。鉄道模型とアナドナルナカレ!

メルクリン社の歴史は 今から163年前の1859年(安政6年)創業という。

祖父が買ったメルクリンの車両が、祖父から父へ、父から子に、子から孫へ連綿と引き継がれていきます。 
そして一度販売した製品のアフターサービスは完璧で

例えば祖父が購入した車両に不具合が生じても修理が可能で問題なく復旧できます。

車輛を構成しているパーツの一つ一つに製品番号で管理されており、

50年前の車両部品であろうと製品番号がわかりさえすれば 現在でも手に入ります。

日本製品の保証期間は数年で 部品供給期間は10年未満が普通でしょう。

西ドイツの鳩時計も 同じようにパーツの番号がわかれば 

今でも酢十年前の部品が供給されます。


35年以上前に購入したメルクリン社の鉄道模型「メルクリンZ」を倉庫から取り出して動かしてみました。

世界で最も小さい鉄道模型「メルクリンZ」のレール幅は 何と6.5mm。

メルクリンの車両はプラスティックではなく 全て金属製という本格派です、

「メルクリンZ」の車両の一部は ヘッドライトが点灯して走行する凝りようです。


Z1800

























「メルクリンZ」の車両は、実物の220分の1のスケールで忠実に創られています。
汽車特有の連結した車輪も本物と同様に作動します。

メルクリンZ800






















手元にあったコルク製のメモボードに 6.5mmのレールを円周を描くように敷設しました。

鉄道を動かすコントローラーは ドイツで買ったものなので電圧が240V仕様となっており、100Vを240Vに昇圧で電圧変換器を自作して運用します。

M750


























z21000















多国籍言語の取扱説明書(表紙)

     残念ながら日本語はありません

Zマニュアル650
























取扱説明書の中身は 殆どがイラストで 言葉は少なめです。

       絵を見て結線します

Zマニュアル1650

























メルクリンとは700






































ドイツ メルクリン社のドイツ語ホームページを日本語に翻訳したホームページからの転載資料



めるくりんについ800





























ドイツ メルクリン社のドイツ語ホームページを日本語に翻訳したホームページからの転載資料

メルクリン歴史商品説明800








































ドイツ メルクリン社のドイツ語ホームページを日本語に翻訳したホームページからの転載資料

「メルクリンZ」のドイツでの価格表です。

アート・No.88019は 289ユーロとあり、日本円に換算すると¥41,905.-1ユーロは145円)

わたしが35年前に類似の機関車を購入した時は 約1万円でした。




Z製品価格900

Posted by tomato1111 at 00:00