2022年07月08日

順調に老化が進む

老人m気がついたら管理人は 後期高齢者の道をひたすら進んでいます。

世の中は「諸行無常」であり 万物は「生老病死」の真理のなかにあります。

老人のわたしも 例外ではありません。


「歩くスピードが遅くなった」

「歩く歩幅が狭くなった」

「歩くとき すり足のようになってきた」

「モノや名前がすぐに出てこない」

「人の声やTVの音がよく聞こえない。聞こえても内容が理解できない」



体力の衰え、記憶力の衰えを自覚しているが よりアクティブに 

かつポジティブに行動しようと心がけようと考えています。

脳を刺激するために インプットよりもアウトプットすることが大事と精神科医の和田氏が言う。

わたしはブログをそれに当てています。

また『成長期の子どもは食べなければそだたないが 

高齢者は食べなければ萎んで(しぼんで)しまう』と和田教授は言う。

残された食事の回数が残り少なくなってきているので 健康の数値は気にせずに 

食べたいものを食べていきたいと考えています。

なるようにしかならない人生だから!


薬が手放せなくなり、その種類が増えていく。

病院へ通う回数、診察を受ける科も増えてきた。

近頃の外出先は 病院であり 三食のデザートは 何種類もの薬。

あー、わたしも何の努力もせずに 人並に 老化が確実に進んでいる。




和田1700
































































和田2700





























Posted by tomato1111 at 00:00