2022年04月10日

キンカンジャムを創る

料理巣ごもりで 狭い我が家で家内と24時間過ごしていると お互いにストレスが溜まっており些細なことで喧嘩となる。

言い争っても得にならないので、潔く引き下がり 自分専用のキッチンでままごと料理をして過ごすことにしている。

妻専用のキッチンではないので 自分流のやり方で汚れも気にしないで 自分なりに集中して時間をつぶせる。

今日は また庭先の大量にあったキンカンを使ったジャムを創った。

ジャム類の日本農林規格(下段参照)によれば その中に含まれる果実等含有率が 
特級で45%、標準で33%以上と定められている。
しかし わたしが作るジャムは 果実含有率は100%で食品添加物を一切使っていないという超特級品。
これは生産者しか作れない贅沢なものだ
老人管理人のささやかな朝食のパンに 自家製のジャムは 最高の贅沢と認識している。

夏になれば豊富に収穫が見込めるブルーベリーを使ったジャムも作れる。
年間を通して自作の自家用ジャムで朝食が楽しめるのは 有難い。




適当な量のキンカンを収穫。軽量したら4kgだった
そのうち2.5kgをジャムに加工した
0収穫したキンカン2.5kg 400













キッチンで傷や汚れのキンカンを排除し、一つ一つのへたを取り除く
0汚れや傷をチェック400

















ひたひたの水を浸し 7-8分煮る
0茹でる400



















煮たキンカンから 種を一つ一つ丁寧に取り出す

2.5kgの量のキンカンすべての種を取り出す作業に150分もかかった
0種をとる400





















適当な量の砂糖を加えて 弱火で火を通す(水は加えない)

粘度があるので 焦げ付きやすく、竹べらで丁寧に休みなくかき混ぜる
0砂糖を加え煮る400


















一通りできたキンカンジャム
0キンカンジャム 鍋で完成400



















手元にあった有り合わせのビンで 5本のキンカンジャムが完成した
0完成したキンカンジャム400














ジャムの規格850





Posted by tomato1111 at 00:00