2021年12月19日

<再回覧>どんど焼き(せいの神)のお知らせ

fcec6f75-s[1]麻生区内には、昔から絶えることなく伝えられている伝統行事が数多くあります。

地域の無病息災や五穀豊穣を祈念し、お正月の門松や飾り物、

役目を終えたダルマ、お札、書初め、お守りなどを焚き上げる「せいの神(どんど焼き)」もその一つです。

令和4年度の「せいの神(どんど焼き)」は、1月10日(祭日)に 実施されます。

黒川の上(かみ)地区は 従来と同じ橋場前の田んぼ、中(なか)地区・下(しも)地区は東(あずま)営農団地の新しい場所(地図参照)の2カ所です。

コロナ禍の中で令和4年度の無病息災を「せいの神(どんど焼き)」の清らかな火に当たり 願う行事に ご家族おそろいでご参加ください。

また、「せいの神(どんど焼き)」の建立は、1月6日(木)の朝から行われます。


どんど焼き800





















































どんど焼き801

































































(写真:月も見ている黒川のせいの神

黒川・橋場にて管理人が平成26年1月13日撮影)

月も見ている黒川のせいの神(どんど焼き)

Posted by tomato1111 at 00:00