2021年10月03日

禅寺丸柿もぎ・芋掘り体験…10月2日

かきまるくん爽やかに晴れ上がった10月2日(土)、黒川で「禅寺丸柿の柿もぎと芋掘り体験」が開催されました。

麻生区と麻生観光協会が主催の催しは 小学生と保護者のペアで30名を募集したところ

55組125名の応募があり、抽選で14組32名が選ばれて参加されました。

約800年前に王禅寺で発見され日本最古の甘柿として国の登録記念物に登録されている禅寺丸柿は、

麻生区の木であり地域の名産物です。

昔から伝わる柿もぎ棒・バッパサミを使っての柿もぎは、地元でも最近はあまり見られない貴重な体験です。

禅寺丸柿をモチーフにしたキャラクター「かきまるくん」も 体験会に華を添えました。

柿もぎの後は畑に移動して 土の中から大きなさつまいもを堀る体験も楽しみ 秋の一日を過ごされました 

尚、禅寺丸柿は文化庁の登録記念物 として平成19年7月に指定されています

また1021日は 禅寺丸柿の日として 日本記念日協会に登録されています

   (参考:禅寺丸柿とは


禅寺丸柿もぎの会場に集結した参加者

始めの挨拶800



























挨拶される麻生区 三瓶区長

区長300



















挨拶される麻生観光協会 高桑会長

高桑会長350





















禅寺丸柿の説明 

右から禅寺丸柿保存会 長瀬副会長、進行役の観光協会 鈴木副会長、麻生区のゆるキャラ かきまるくん

禅寺丸柿紹介800



























独特の柿もぎ専用竹竿「ばっぱさみ」を使って 禅寺丸柿の柿もぎ体験
柿もぎ801





































禅寺丸柿のゆるキャラ「かきまるくん」が 柿もぎの応援

柿もぎ600










































柿もぎの後は 東(あずま)営農団地へ移動し、参加者全員で芋掘りの体験

芋掘り800

Posted by tomato1111 at 00:00