2021年07月06日

パティスリー マナ・・・ODAKYU VOICE

1433[1]久し振りに小田急多摩線に乗りました。

電車が来るまでの間、チラシ棚にあった小田急の機関紙「ODAKYU VOICE」July2021を手に取り 

老眼鏡を出して見ていたら

なんと黒川にあるケーキ屋さん「パティスリー マナ」が1頁を費やして紹介されているではありませんか?

管理人とマナとは 深い縁があり この記事を見て黒川の小さなケーキ屋さんが

小田急の機関紙に取り上げられたことに 驚きと同時に嬉しくなりました。

わたしが納品している黒川産生ブルーベリーも 同時に売られており人気があると

オーナーから聞いているので更に嬉しいです。

(参考:パティスリー マナ 開店!・・・2007531日記事)


VOICE1 800





























































VOICE2 800









































*****************************************************************************


(参考:パティスリー マナ 開店!・・・2007531日記事)

カード80黒川に待望のケーキ屋さんが、開店しました

 

もう新しいケーキ屋さん「パティスリーマナ」のケーキをご賞味された方もおられるでしょう。

スーパーやコンビニで売られている規格化されたケーキとは一味違う、

     プロが作る黒川生れのケーキは、おいしさに大きな差があります。


初日の売り出し550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキはやはりおいしいことが第一条件です。

そのため産地を指定した新鮮な材料にこだわっています。

そして心豊かで優しい人柄の職人さんが作るケーキは、それが味に反映されます。

 ケーキ花丸250

 

 

 

クッキー250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に商品の安全と安心です。

口に入る商品の材料には特にこだわりを持って国内産のものを主体に厳選しています。

チーズや洋酒は、フランス産等の信頼のおける外国産のものも使用しています。

そして店舗内にある最新の生産設備を用いられて作られ、その品質が保証されます。

 

松原氏1250松原氏2250 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、職人さんの技術と人柄です。

どんなに良い材料を用い新しい設備を使っても、職人さんの経験豊かな技術と 食べる人の気持ちを考えた愛情豊かな気持ちがなければなりません。

ここのケーキは、やはりどこか違います。

気持ちを豊かにします。

 ケーキつくり1

ケーキつくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい出発点をスタートした「パティスリー マナ」は、今日からお客さまの声に真摯に応えて、黒川の新しいケーキと味を追求して行くでしょう。

 

どんどん新しい商品を追加してきます』という心強い店主の意気込みを暖かく迎えたいと思います。

 

お店では遠慮なく店主さんに声を掛けて、出来栄えや味に関して要求をどんどん出していきましょう。

 

御家族団欒の時間に、親しい方との談話の時間に、黒川生まれの新鮮でおいしいケーキをどうかご賞味ください。

 

リラックスしたお茶の時間に、「パティスリー マナ」のクッキーや焼き菓子をお供に豊かな時をすごしてください。

 

名前:「パティスリー マナ」

       (マナとは、ラテン語で“神の食べ物”という意味。)

 

商品:洋ケーキ、クッキー、焼き菓子

 

場所:川崎市麻生区黒川37−1(鶴川街道沿い)

 

営業時間:9:30AM〜8:00PM

 

定休日:水曜日

 

電話:044−988−2531

 

(写真は、すべて「パティスリー マナ」で撮影したもの。イメージ写真ではありません。)

(参考:黒川にケーキ屋さん!)




Posted by tomato1111 at 00:30