2020年06月05日

わたしの相棒…登山靴

tozan_10[1]わたしが50年以上にわたり愛用している革製の本格的な登山靴。

学校卒業後は サラリーマン生活を40年近く送ってきたため、
自由な時間がなかなか取れなかったが、定めた山へは日程をやりくりして登ってきました。

現役時代は 富士山、北アルプス:槍ヶ岳・穂高岳・薬師岳
中央アルプス:木曽駒ケ岳・南駒ケ岳、南アルプス:北岳・甲斐駒ヶ岳・農鳥岳などの登山を楽しんだ。

退職後は、屋久島縦走、日本最北端利尻富士、熊野古道縦走、四国88カ所巡りなどを楽しみました。

登山の時は 50年前に なけなしの金で新宿の登山店で買った国産の革製登山靴を履いていました。
(当時の価格で¥22500.−であり、相当高価な靴だった)

今でも多摩よこやまの道へのウオーキングでは 
足に馴染んだこの登山靴を履いて散策を楽しんでおり、現役として活躍しています。


愛用の革製登山靴450

















保管していた50年前の登山靴の箱
0登山靴の箱350

Posted by tomato1111 at 00:00