2020年04月06日

万葉の歌碑…多摩よこやまの道

よこやまの道石碑1
神奈川県川崎市と東京都多摩市の県境に沿って 古(いにしえ)の道があります。

色々と歴史的な意味がある古道で、
現在は「多摩よこやまの道」と呼ばれて親しまれています。

ここは管理人の早朝散策のコースであり、
残り少ない人生の中でもわたしにとっては健康維持のための
屋外リハビリテーションコースとしての存在意義があります。

何も軽井沢や箱根に行かなくとも この多摩よこやまの道を無心で散策するだけで 
大自然を体感できる貴重な古道です。

古道の名前の基となった万葉集にうたわれている詩のいわれについて、
府中市郷土の森公園内に解説の歌碑がありました。

ご覧ください!


よこやまの道石碑








国士舘大学体育学部 

西門近くの「多摩よこやまの道」沿いにある石碑













UR(旧住宅公団)が発行した「多摩よこやまの道」解説ガイドの表紙を飾る万葉集
万葉集450































府中市郷土の森公園内にある「多摩よこやまの道」万葉の解説 歌碑
0万葉の歌碑900













Posted by tomato1111 at 00:00