2020年03月08日

「新型コロナウイルス」に便乗…攻撃メール

毒リンゴ


今はまさに世界的な恐怖に陥れている「新型コロナウイルス

新型コロナウイルス」に便乗した攻撃メールが 
携帯電話のテキストメッセージ(SNS)として確認されたとトレンドマイクロ社が発表しています。

文面は「新型コロナウイルス」の急速な拡散について注意を促し、
感染予防対策の書かれた「別添通知」の確認を指示する内容です。

この「別添通知」を操作することにより相手の罠にはまります。

対策として 興味のある情報を含んだメールやメッセージを受信した際、
一旦立ち止まってメールやメッセージ、URL,添付ファイルの正当性を判断する。

偶然にも3月8日(日)の日経新聞朝刊3面に
新型コロナ 不安につけ込む 勧誘・メールにご用心」という記事が掲載されました。


3月8日(日)の日経新聞朝刊3面に「新型コロナ」不安につけ込む 勧誘・メールにご用心」という記事
日経850




































以下は トレンドマイクロ社の情報です


■被害に遭わないためには

スパムメールやメッセージに利用されるソーシャルエンジニアリングの技術は高度化しており、

引き続き深刻な脅威として警戒が必要です。

以下は、企業や組織のシステムを保護するための推奨事項ですが、個人利用者にとってもポイントは同じです。

メール、特にリンクや添付ファイルの含まれるメールは慎重に調査する。

信頼できる送信元からのメールに見える場合でも、公式サイトに

記載されている詳細を確認し、連絡先情報を確認する

セキュリティに関する意識向上のためのトレーニングを従業員に実施して、

電子メールを利用した脅威への対策を周知する

オペレーティングシステム(OS)とアプリケーションソフトウェアに

最新の更新プログラムを適用し、最新の状態にしておく

スパムメール対策のフィルタが適切に設定されていることを確認する

必要最小限の権限以外は一切許可しない「最小特権の原則」に従う
0コロナ詐欺900


Posted by tomato1111 at 00:00