2020年02月09日

不正送金・ネットバンキング

催眠術インターネットの時代になり、便利になったことがある。
それは自宅で居ながらにして、自分の銀行口座の情報や送金・振替が簡単にできるようになったことが挙げられる。
自分の契約者番号や口座番号を入力し、送金や振替の時はIDとパスワードの入力が求められて 
自分に限度額範囲内であれば容易に処理が行える。
銀行の営業時間にとらわれず自分の都合の良い時に処理ができるので、
わざわざ電車に乗って銀行の窓口へ行く必要がないので助かる。
この送金や振替を狙った不正送金という犯罪被害が急増しているという報道が
日経新聞2月6日(木)夕刊、2月7日(金)の朝刊で取り上げられていた。



ポイントは先ずSNSでスマホに銀行からを装ったメールが届くことから始まる。

振り込め詐欺と同様に 悪の始めはスマホのSNSメールということなので、注意をしたい。

    (日経新聞2月6日(木)夕刊)
0ワンタイムパス800















































































(日経新聞2月7日(金)朝刊)
0ネットバンキング900


Posted by tomato1111 at 00:00