2019年10月11日

薩摩(鹿児島)の歴史探訪と奄美の旅…その3

0歓迎200

明治の先駆け 薩摩(鹿児島)の歴史探訪と 南の楽園 奄美大島を巡る旅』の最終日、96()
前夜は 鹿児島最南端の指宿温泉で最後の懇親会・宴会で楽しい時間を過ごしました。


明けて 薩摩一之宮・
枚聞神社(ひらききじんじゃ)を正式参拝。

小さな神社でしたが 境内には樹齢1000年を超える楠をはじめとした巨木でうっそうとした森の中にあり 
歴史を感じる薩摩の中で一番格式が高い神社。


枚聞神社(ひらききじんじゃ)の正式参拝の後は、薩摩の小京都と称される「知覧武家屋敷」を見学

鹿児島の知覧と言えば「知覧特攻平和会館」も知られていますが 今回は 武家屋敷群を見学しました。

最期の鹿児島での昼食は 奄美の里で摂った後は 全日空機で一路羽田へ向かい 帰宅の途に就きました。

    薩摩(鹿児島)の歴史探訪と奄美の旅…その1 ☜これをクリック!

    薩摩(鹿児島)の歴史探訪と奄美の旅…その2 ☜これをクリック!
   
参考:国内外の旅・名所旧跡を訪ねて



開聞岳の北麓 鹿児島県指宿(いぶすき)市開聞(かいもん)町に鎮座する枚聞神社(ひらききじんじゃ)は、
開聞岳の枚聞神(開聞神)を祀(まつ)る神社

創建の年代は不詳ですが、社伝によれば遠く神代の創祀とされている。

九州本島の最南端に鎮座する古社で、薩摩(さつま)富士と称される開聞岳の麓(ふもと)にある。

主祭神は、大日霎貴命(天照大御神:アマテラスオオミカミ)

4山門750


































4ひらきき神社800





























4ひらきき神社850























4ひらきき神社650




















4開聞神社600



























4絵馬400


















枚聞神社(ひらききじんじゃ)の正式参拝の後は、知覧武家屋敷を見学
4建物保存800






















4知覧地図1100








































美しい 森重堅庭園の美
4建物1800


































佐多民子庭園 巨石奇岩を積み重ねて深山幽谷の景を映し出している
4屋敷800


































4屋敷600


























和気あいあいとした 懇親会風景
4懇親会750






















川崎麻生支部の師匠による演舞

 あまりの本格的な舞により 会場は一時 静粛に包まれた
4演舞450






















本格的な舞いの後は、持参した衣装に着替え「鼠小僧次郎吉」で笑いを誘う舞い
     川崎麻生支部の面目躍如で ヤンヤの喝采を受けた
4鼠小僧250

























鹿児島空港ロビー
4鹿児島空港700

























ANA628便 鹿児島発羽田行き
4雨の中のANA500






Posted by tomato1111 at 00:00