2019年08月11日

明治神宮 本殿遷座祭 遷御の儀

1看板2500ご紋提灯

明治神宮では2020年の鎮座百年祭に備えて 
御社殿群修復工事が行われてきましたが8月7日竣工しました。

その工事に伴い本殿でお鎮まりされていた御祭神が昨年の5月の仮殿遷座祭以降 
一旦仮殿にお鎮まり戴いていましたが 
本日の祭典にて仮殿から本殿へお遷しする本殿遷座祭「遷御の儀」が、
810()の午後7時から斎行されました。

管理人は昨年の「仮殿遷座祭」に参加させていただいたので、
今度は「本殿遷座祭」に参加する栄に浴しました。

明治神宮にあっても100年に一度あるかどうかと言う滅多に巡り合わない儀式です。


1次第350

陽が沈んだ夜の7時に遷座祭が斎行、100人近い神職が烏帽子姿で 
暗闇をしずしずと外拝殿に向かって進みます。

いよいよ仮殿を立たれて 本殿に向かわれる時は すべての照明が消され、
外拝殿の前には白布が掲げられて 内部をうかがうことができません。

その中を雅楽の演奏を奏でながら 神職が隊列を組み 
牛歩のような歩みで進みます。

御祭神は 純白の絹垣に囲まれており 目にすることはできません。

また御祭神の隊列は、その列の時だけ床にじゅうたんを敷き、
通過すると巻き取るという仕草が繰り返していました。



1看板400












本殿遷座祭「遷御の儀」 次第

0遷御の儀次第850


































「第三鳥居」(平成28年に国産檜を使って建て替えられた)

1南鳥居700


Posted by tomato1111 at 00:00