2019年07月07日

アマゾンを語る巧妙なフィッシングメール

魔法使いわたしのスマホに アマゾンからと思わせるメールが7月3日に入電。

アマゾンプライムの支払いに使っているクレジットカードの有効期限が切れているので
会員登録をキャンセルした
』とありました。

再度、会員登録をするには支払方法の情報を更新してほしいと言う内容です。


メールを無視し7月5日の夜に わたしはアマゾンにプリンターインクを発注し、
プライムのメンバーですので7月6日の正午に発注した商品を受け取りました。

何ら問題なく アマゾンへの支払いも従来の届けてあるクレジットで済んでいます。


改めてメールを見ると差出人アマゾンのURLが正規のURLでないことに気が付きます。

正規のURLAmazon.co.jp であり メールのURLamazon.co.jpです。

アマゾンのスペルで「あ」が大文字の「A」が正規であり 偽メールは小文字の「a」です。


また異常に大きな差出人アマゾンの表記が、受け取った人をアマゾンからだと思い込ませる効果があります。
一般的には このようにあえて差出人の表記を大きくすることはありません。

巧妙なからくりで 普通はここまで注意深く見ておらず、慌てて相手の罠にかかってしまうでしょう!

気を付けましょう!!

<スマホに入電したアマゾンからと思わせるメール>

amazon700

Posted by tomato1111 at 00:00