2019年02月16日

劇団民藝「正造の石」を観劇

img003 250平成31年 初めての民藝作品「正造の石」を新宿にある紀伊國屋サザンシアターで 2月15日(金)に観劇しました。
今回の作品は 年の初めを飾るにふさわしい 素晴らしいものでした。
何より主演の新田サチを演じた森田咲子さんの全身で役にぶつかり表現する芝居に 
最初から最後までステージに引き付けられました。
歌劇の好きな管理人は オペラ歌手の発声に慣れていますが、森田さんの発声も 
広い劇場内の隅々まで届く声で 感情を込めた表情と共に 素晴らしいものでした。
ステージの舞台設定も 明治末期の雰囲気をよく現わしており 出色の完成度でした。
2時間15分にも及ぶ舞台に 観客は誰一人も咳払いすることなく 
ストーリーの進行に感情移入していました。
2月25日まで公演が続きますので、黒川に拠点を置く劇団民藝の この作品を是非ご覧ください。

 (参考:作品の案内 劇団民藝「正造の石」)
 (参考:劇団民藝 索引
  (左:公式パンフレット)




写真下:左から望月ゆかり、本廣真吾、森田咲子、樫山文枝
DSC_7284 750


























写真下:左から伊藤孝雄、森田咲子、樫山文枝
DSC_7438 750

























写真下:左から森田咲子、伊藤孝雄
DSC_7492 750


























写真下:左から樫山文枝、森田咲子
DSC_7893 750
























劇団民藝のホームページから転載

森田咲子600
















Posted by tomato1111 at 00:30