2019年01月21日

オペラ・スクオーラ后張ペラを知る・好きになる

藤原歌劇団 蝶々夫人 2014年450少しばかり敷居が高いと感じられるオペラ
オペラとは 歌劇、歌劇とは字の通り「芝居のセリフをすべてってしまう」のこと、そして伴奏をするのがオーケストラ(管弦楽団)。

数ある芸術の中でも音楽・美術・演劇・舞踊などのすべてを網羅した大変贅沢な「総合芸術が歌劇・オペラ」。
歌手の衣装も見どころの一つ。
オペラ歌手がストーリーのある曲をマイクを使わずに、美しいメロディを素晴らしい声で歌い続けるのも魅力の一つ。
この『オペラを知り、好きになり、楽しくなる』ことをコンセプトにしたオペラ学校が、開講されます。
魅力的なオペラ学校「オペラ・スクオーラ」に、あなたも参加しませんか!申込締め切りは 1月31日(木)です。
(写真は アルテリッカしんゆり2019 総合パンフレットから引用 オペラ蝶々夫人)


オペラ650







































































オペラスクオーラ850


























































opera650