2019年04月20日

穀雨(こくう)…二十四節気

穀雨

今日は穀雨(こくう)。

二十四節気のひとつで 穀物の成長を助ける雨のこと。 




暦便覧には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されている。

田んぼや畑の準備が整い、穀物が生長するために必要な柔らかな春の雨が降る頃。

柔らかい春雨が、温かくなってきた気候に合わせて大地を潤して、植物の目覚め(発芽)を促す働きがあるのだと思う。春の最後の節気。

この頃より変りやすい春の天気も安定し日差しも強まって5月の八十八夜を迎える



Posted by tomato1111 at 00:30