2018年07月30日

黒川稽古場公演「岸田國士ー幕劇3本立〜結婚にまつわる風景〜」を観劇して

民藝280

台風12号が去った7月29日(日)の午後、黒川にある劇団民藝の稽古場公演を観劇しました。
酷暑の夏の暑い一日、電車に乗らず歩いて行ける劇団民藝の稽古場では、大劇場に勝るとも劣らない舞台の上で、
繰り広げられる日本を代表する民藝の芝居が観劇できる稽古場公演は、わたしの欠かせない夏の重要なイベントです。
今回は 岸田國士作 一幕劇3本立て 〜結婚にまつわる風景〜でした。
熱心な民藝ファンで開演30分前の開場と同時に、席は70%以上が埋まり、冷房の効いたスタジオで
コーヒー、麦茶などの民藝のもてなしを受けながら開幕を待ちました

( 参考:劇団民藝 索引


『頼母しき求縁』
   <下写真:左から平野尚、藤巻るも、長木彩>

DSC_5151++800





























<下写真:左から山梨光國、仁宮賢、長木彩>

DSC_5206++800
































『葉桜』
   <下写真:手前から船坂博子、森田咲子>

DSC_5325++800

































『紙風船』
   <下写真:左から大中耀洋、飯野遠>

DSC_5438++800

































会場で配布された公演解説

葉桜パンフ800




































葉桜1850





































































葉桜2850