2017年11月26日

しんゆりマルシェの賑わい…高森町との交流

0タイトル200

今年で3回目となる「しんゆりマルシェ」が快晴の天候に恵まれた11月25日(土)に開催されました。

コンセプトは、新百合ヶ丘に暮し訪れる人々の生活が、芸術に触れて心を豊かにし、周りでとれる食材、域のお店が作る食べ物で身体が満たし、
幼い子供からお年寄りまでの多世代の人々が、集い交わり、山百合の花言葉にある「人生の楽しみ」を感じる場所とする、ことにあります。

また、今年も禅寺丸柿キャラクター「かきまるくんが取り持つ縁で、長野県南信州・高森町から同地の特産品を携えて
高森町の柿キャラクター「柿丸くんが麻生区民との親睦を深めるために駆けつけました。 

柿をテーマにした麻生区の禅寺丸柿をイメージした「かきまるくん」、高森町の市田柿をイメージした「柿丸くん」が久々に対面し友好を温めました。
  (左写真:麻生区の禅寺丸柿をイメージした「かきまるくん」)


老若男女で賑わう第一会場(新百合ヶ丘ハウジングギャラリー)
0会場の賑わい700




















0会場700

















新百合ヶ丘で美味しいと評判のお店が多く出店、気軽にテーストを楽しむ
0会場1600




















麻生観光協会では1回目からマルシェにブースを持ち、特産物の販売とPR
0麻生半纏250













麻生観光協会ではキウイ、イチジク、ミカン、ハチミツなどを販売

     また黒川竹行燈の会では、作品を展示販売
0麻生観光協会ブース600























今年もはるばる長野県南信州・高森町から特産品を携えて出店
0高森半纏250













市田柿発祥の地として今年最初の市田柿や美味しい信州リンゴ、シロップなどを販売
0高森ブース1600
























一年ぶりに麻生区へ登場した高森町のゆるキャラ「柿丸くん

 麻生区の禅寺丸柿のイメージキャラクラ「かきまるくん」が再開し、友情を温めた
0ツーショット2500

























0ツーショット1500




















柿のゆるキャラ・ツーショットが実現すると子どもたちが駆けつける
0柿丸君と350




















麻生区のゆるキャラ「かきまるくん」を慕って双子の姉妹が興味津々
0かきまるくんと300



















初めて見る高森町のゆるキャラ「柿丸くんにも多くの子どもが寄ってきた
0柿丸君と300





















今年も会場に出現した謎の銀色男、すべて銀色、顔から鼻の孔、耳まで銀色

   しかも音もなくスーと 隣に立って、動きを止めているので びっくりする


0謎の銀男350
























高さは3m以上あるだろうか、背の高い羊が会場内を巡っていた
0足長羊350




















警察の新しい白バイ2台に子どもたちが試乗
0白バイ試乗300