2016年12月29日

「野の花ものがたり」…劇団民藝2月公演

0民藝イラスト250黒川にある劇団民藝の2月定期公演 作=ふたくちつよし 演出=中島裕一郎の「野の花ものがたり」

新宿 紀伊國屋 サザンシアター劇場で、2月4日(土)から2月14日(火まで公演されます。
23時間あらゆる患者さんに対応します』という鳥取に実在する小さな診療所・ホスピスをモデルにした物語です。

劇団民藝では、チケットを前売り中です。お早めに良いお席をお求めください。(全席指定) 

  電話044−987−7711(代)
  
(参考:劇団民藝 索引


野の花ものがたり

   徳永進「野の花通信より

     作=ふたくち つよし 演出=中島裕一郎

 

    2017年2月4日(土)〜14日(火)

    紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

 

最期の時を自由に個性的に送ってもらおうと建てられた「野の花診療所」。

鳥取市内に実在するベッド数19床の小さな診療所と徳永進医師をモデルに描く、ふたくちつよし民藝第三作。

「命」によりそう医師と看護師、最期の時を迎えた家族たちの心あたたまる舞台です。

 

あらすじ

鳥取の総合病院に内科医として勤務していた徳丸進は、そこを出て町なかに小さなホスピスをつくった。

野の花が好きだったので、野の花診療所と名づけた。

売り文句は“ 23 時間あらゆる患者さんに対応します!”。

地方勤務医時代、たくさんの患者の死に立ち会ったが、ほんとうに十分な対応や支えができたのかどうか。

野の花診療所は、助けてほしいと訴える人びとをだれでも受け入れ、患者の望むことは何でもしてあげる、そんな場所にしたいと願った。

人の死は終着駅なのか、死は悪者なのか、あってはいけないものなのか……。

患者とその家族に寄りそい試行錯誤をつづける徳丸医師。

今日も診療所にはさまざまな病気とそれぞれの思いを抱いた新しい入所者がやってきます。

 
野の花スタッフ






































野の花スタッフ2745
































チケット

  入場料金(全席指定・税込み)

  一般=6300円

  学生割引=3150円(劇団のみ取り扱い)

  夜チケット=4200円 夜公演(4日・7日・13日)全席

 

お申込み

  劇団民藝

  TEL 044−987−7711(月〜土 10時〜18時)


野の花物語1900










野の花物語2900