2016年05月19日

孟宗竹(もうそうちく)・淡竹(はちく)・真竹(まだけ)

タケノコイラスト私たちが食用としている筍(たけのこ)の中で、最も多く出まわっているのは、江戸時代の中頃に、中国から渡来した「孟宗竹(もうそうちく)」です。 

それまでは、「真竹(まだけ)」と『淡竹(はちく)』が、代表的な筍でした。

淡竹』は、「真竹」に比べると、幹にあたる稈(かん)が、淡い緑色をしていて『淡竹』と書きます。

筍が出る時期は、「孟宗竹」、「淡竹」、「真竹」の順で 立夏の末候は、だいたい、「淡竹」が出る時期にあたります。


恥ずかしながら管理人のわたしは、元屋敷(現:宮添みのり公園)孟宗竹の竹林があり、毎年、大籠2杯くらいのタケノコを収穫した思い出が
ありますが他の竹についての知識が明確でありませんでした。

そこでネットを使って、「孟宗竹」、「淡竹」、「真竹」の違いを調べてみました。


孟宗・真竹・淡竹写真








































竹の見分け方600










































真竹・淡竹写真450















(左:マダケ、右:ハチク)

























Posted by tomato1111 at 00:00