2015年10月04日

「黒川海道緑地植樹祭」…市民100万本植樹運動

0案内板300川崎市での「市民による100万本植樹運動」では、地球環境のため緑のボリュームアップを図ろうと、平成17年度より、行政・市民・企業の協働事業で毎年1万本を目標に植樹を毎年実行してきました。

そして平成22年に全国植樹祭のサテライト植樹祭が川崎市の生田緑地で開催されたのを契機として、市制100周年を迎える平成36年度までに、100万本植樹を目指して、「市民100万本植樹運動」を推進してきました。

平成27年度は麻生区黒川にある「黒川海道(かいどう)緑地」で、「市民による100万本植樹運動」が10月3日(土)に実行されました。

 (参考:平成23年10月29日に「黒川よこみね緑地」で行われた「市民による100万本植樹運動」風景



505本のクヌギ・コナラ等の植樹が参加者により行われました

0植樹風景_600


















0植樹するモリオンと市長400




山桜を記念植樹する福田市長モリオン








0植樹する親子300




丁寧にクヌギを植樹する親子








森の妖精 モリオン

(川崎市内で最も人気の高いイメージキャラクターの由)


0モリオン300_edited-10モリオン解説400


















0市長とモリオン350







モリオンの名前は、森(モリ)と100万を意味する英語の「ミリオン」から名付けられたと

福田市長(写真)が紹介されました












0記念撮影_500



植樹祭に参加したはるひ野小学校4年生代表の皆さん







0式典_450





黒川海道緑地植樹祭」式典風景








0挨拶する福田市長_400






式典で挨拶される福田川崎市長






0表彰を受ける市川氏_400






黒川の緑地保全で福田市長から表彰を受ける

黒川町内会長 市川氏