2015年07月04日

劇団民藝6月公演「クリームの夜」を鑑賞して

クリームの夜180新宿紀伊国屋サザンシアター6月18日(木)から30日(火)まで開演されていた劇団民藝6月公演「クリームの夜を千秋楽の6月30日()に鑑劇しました。

昭和42年生まれの48歳になる若手劇作家、青木 豪(あおき ごう)氏の劇団民藝への新作の作品クリームの夜」。演出は、山下 悟氏。

作品のテーマは 自分たちにとってもそう遠くない、老境に入っての生き方。

わたしも数多くの民藝の作品を見てきたが、今までにない新しいシチュエーションの作品で、難しいイデオロギー的な要素もなく、気楽に作品に入っていける芝居でした。

周囲にいた女性たちは、分りやすいステージの男女の動きやセリフに共鳴し、役者に感情移入して、芝居の進行に体を乗り出していました。

そして芝居が終わると女性たちは、力いっぱいの拍手を俳優の皆さんに送っていたのが印象的でした。

    (左:公式パンフレット)

       (参考:劇団民藝 索引)   



DSC_7691_650











(左から日色ともゑ、箕浦康子、佐々木研)









DSC_7768_650








(左から飯野遠、箕浦康子、日色ともゑ)












DSC_7874_edited-1










(左から日色ともゑ、望月香奈、箕浦康子)










DSC_7607_430













(左から日色ともゑ、望月香奈、箕浦康子)


















DSC_7907430












(日色ともゑ、箕浦康子(奥))
Posted by tomato1111 at 00:00