2010年03月18日

リビアのカダフィ語録

カダフィ語録1
現役時代に何度か中東のリビアへ出張する機会があった。

当時のリビアに入国するのはとても難しく、リビヤ国が発行する招聘状がなければならなかった。

ビジネスでお世話になったリビアの高官(その後、リビヤの日本大使として赴任された)と雑談している時に

リビアは素晴らしい国だ。特にカダフィ大佐の指導力は、他国の元首も見習うべきだ!」等と話したところ、

本当にあなたはそう思うか?記念にカダフィ大佐の言葉をまとめた「カダフィ語録」をプレゼントしよう。 』と言って、アラビア語で書かれたカダフィ語録を戴いた。


カダフィ語録2




これは別名「グリーンブック」とも呼ばれ、社会主義、民族主義、イスラーム主義を混ぜ合わせたユニークな書で、リビアでは行政や司法の指針とされている憲法のような性格を持つ本。

中国の「毛沢東語録」とともに、この「カダフィ語録」は、わたしの宝物の一つだ