2007年02月02日

「核で地球滅亡 あと5分」

地球滅亡5分前平成19年1月18日(木)新聞の朝刊には、「核で地球滅亡 あと5分」というセンセーショナルな見出しのアメリカ発の記事が掲載された。ニュースソースを追い、公式に発表された英文記事を入手した。そこで原文をニフティの翻訳サービスにかけたのでご紹介しよう。発表原文は、ブルーで表示し、その下に翻訳文(いっさい手を加えずに、ニフティがオンライン翻訳したもの。明らかに間違った翻訳であることがわかっても、意識的な修正は加えていない)をそのまま掲載した。


***********************************

Clock Timeline

時計スケジュール

IT IS 5 MINUTES TO MIDNIGHT

ITは真夜中に5分です

2007

2007

The world stands at the brink of a second nuclear age. The United States and Russia remain ready to stage a nuclear attack within minutes, North Korea conducts a nuclear test, and many in the international community worry that Iran plans to acquire the Bomb. Climate change also presents a dire challenge to humanity. Damage to ecosystems is already taking place; flooding, destructive storms, increased drought, and polar ice melt are causing loss of life and property.

世界は、別の核時代の瀬戸際に立っています。アメリカとロシアは数分以内の核攻撃を行なう準備ができているまま。北朝鮮は核実験を行ないます。また、国際社会の多数が、イランが爆弾を得るのを計画すると心配します。気象の変動は、さらに人間性に恐ろしい挑戦を提示します。生態系への損害は既に起こっています;洪水、破壊的な嵐、増加した干ばつおよび極の氷溶解は、生命と財産の損失を引き起こしています。

 

5 Minutes to Midnight

真夜中への5

Overview

概観

The Bulletin of the Atomic Scientists’ Doomsday Clock conveys how close humanity is to catastrophic destruction--the figurative midnight--and monitors the means humankind could use to obliterate itself. First and foremost, these include nuclear weapons, but they also encompass climate-changing technologies and new developments in the life sciences and nanotechnology that could inflict irrevocable harm.

原子科学者の公報'最後の審判の日時計は、人間性がそれ自体消すために手段人類が使用することができる、破滅的な破壊(比喩的な真夜中)およびモニターにどんなに接近しているか伝えます。第一に、これらは核兵器を含んでいます。しかし、さらに、それらは、変更不可の害を与えることができるライフサイエンスおよびナノテクノロジーの気候を変わる技術および新しい開発を包含します。

 

Nuclear

 

For four decades, the United States’ and the Soviet Union’s overt hostility coupled with their enormous nuclear arsenals defined the nuclear threat. The equation for nuclear holocaust was simple: Heightened tensions between the two jittery superpowers would lead to an all-out nuclear exchange. Today, the potential for an accidental or inadvertent nuclear exchange between the United States and Russia remains, with both countries anachronistically maintaining more than 1,000 warheads on high alert, ready to launch within tens of minutes. But a deliberate attack by Russia or the United States on the other is unthinkable.

40年間の間、それらの巨大な核兵器保有量と結び付けられたアメリカとソ連の公然の敵意は、核脅威を定義していました。核大虐殺のための方程式は単純でした:2つの神経過敏の超大国の間の高められた緊迫した対立は、全面的な核交換に結びつくでしょう。今日、両方の国々が、厳戒態勢(分のtensの内に始める準備ができている)上で時代錯誤的に1,000を越える弾頭を維持して、アメリカとロシアの間の偶然か不注意な核交換の可能性は残ります。しかし、他方上のロシアあるいはアメリカによる意図的非難は考えられません。

 

Unfortunately, however, the possibility of a nuclear exchange between countries remains. In 1999 and again in 2001, India and Pakistan threatened each other with nuclear arms. And despite past successes in limiting the spread of nuclear weapons to countries around the world, nuclear proliferation seems to present a great danger today, with countries such as North Korea and Iran actively pursuing the capability to produce nuclear weapons. Nuclear terrorism also poses a new risk, as fissile materials remain unsecured in many parts of the world, making them more available to groups that seek destructive means.

不運にも、しかしながら、国々間の核交換の可能性は残ります。1999年には、および再び2001年には、インドとパキスタンが、核兵器で互いに脅かしました。また、核兵器の普及を世界中の国々に制限することにおける過去の成功にもかかわらず、核増殖は、今日、積極的に核兵器を生産する能力を追求する北朝鮮とイランのような国々を、大きな危険に提示するように見えます。それらを破壊的な手段を求めるグループに、より利用可能にして、核分裂性物質が世界の多くの部分において無保証のままので、核テロリズムはさらに新しい危険をもたらします。

 

Environmental

環境上

 

Fossil-fuel technologies such as coal-burning plants powered the industrial revolution, bringing unparalleled economic prosperity to many parts of the world. In the 1950s, however, scientists began measuring year-to-year changes in the carbon dioxide concentration in the atmosphere that they could relate to fossil fuel combustion, and they began to develop the implications for Earth’s temperature and for climate change.

石炭を燃えるプラントのような化石燃料技術は無比の経済的繁栄を世界の多くの部分へ持って来て、産業革命に動力を供給しました。1950年代に、しかしながら、科学者は、それらが化石燃料燃焼に関連づけることができる大気中の二酸化炭素集中で経年変動率を測定し始めました。また、彼らは、地球の温度のための、および気象の変動のための含意を開発し始めました。

 

Fifty years later, leading scientists agree that carbon-burning technologies continue to make Earth warmer at an unprecedented rate. They warn that the consequences could drastically alter both the planet and human life. Already, ice packs in Greenland are rapidly disappearing, which, in turn, threatens the existence of hundreds of species such as polar bears and the traditions of whole societies such as the Inuit. The future looks even bleaker, as scientists continue to observe cascading effects on Earth’s complex ecosystems.

50年後に、主要な科学者は、炭素を燃える技術が地球を先例がない割合でより暖かくし続けることに合意します。それらは、結果が徹底的に惑星と人命の両方を変更するかもしれないと警告します。既に、グリーンランドの氷嚢は急速に消えています。それは次には、北極グマのような何百もの種の存在、およびイヌイットのような全体の社会の伝統を脅かします。科学者が地球の複雑な生態系に対する滝のように落ちる影響を観察し続けるので、さらに寒々とした将来の外観。 

 

Emerging Technologies

未来技術

 

Advances in genetics and biology over the last five decades have inspired a host of new possibilities--both positive and troubling. With greater understanding of genetic material and of how physiological systems interact, biologists can fight disease better and improve overall human health. But this knowledge may also afford opportunities to program organisms to do our bidding for malign purposes by manipulating brain functions, compromising bioregulation, and even by altering our reproductive capabilities. Complicating matters further, more groups and more individuals possess these high-consequence technologies than in the past--and more and more people will acquire them in the future. The emergence of nanotechnology--manufacturing at the molecular or atomic level--presents similar concerns, especially if coupled with chemical and biological weapons, explosives, or missiles. Such combinations could result in highly destructive missiles the size of an insect and microscopic delivery systems for dangerous pathogens.

最近の50年間にわたる、遺伝学および生物学の進歩は多数の新しい可能性を励起しました--原級と心配することの両方。遺伝物質についての、および生理学のシステムがどのように対話するかについてのより大きな理解で、生物学者は疾病とよりよく戦い、全面的な人間の健康を増進することができます。しかし、バイオ規則を危険にさらして、脳機能の操作により有害な目的のために私たちの入札を行うために、この知識は、さらに、プログラム有機体に、および私たちの再生の能力の変更によりさえ機会を与えるかもしれません。問題をさらに複雑にして、より多くのグループおよびより多くの個人が過去によりもこれらの高い結果の技術を所有します--また、ますます多くの人々がそれらを今後得るでしょう。もし、化学・生物兵器、爆発物あるいはミサイルと結び付けられれば(特に)、ナノテクノロジー(分子原子のレベルに製造して)の出現は、同様の関係を示します。そのようなコンビネーションは、危険な病原体用の昆虫および微視的な運搬システムのサイズの非常に破壊的なミサイルに帰着するかもしれません。

 

*********************************

いかがでしたか?

この記事内容が現実にならないことを祈るしか自分にはできません。

怖い時代のなかで、ピントが少しでもずれないことを祈りながら生活するしか術が無いという恐怖があります。

この平和の継続を祈るのみです。

 

さてニフティの翻訳サービスも捨てたものではないことが分かります。無料で英文翻訳が出来る時代になったのには驚きます。