2006年03月22日

藪椿(ヤブツバキ)

わたし達の鎮守の森 汁守神社にある有名な「ヤブツバキ」もようやく遅ればせながら花をつけてきました。この「ヤブツバキ」は、川崎市の「まちの樹50選」平成15年4月1日付)の一つとして、選ばれた名誉ある樹木です。


 

ヤブツバキ看板まちの樹は、平成13年(2001年)9月21号の市政だよりで、川崎市の緑の基本計画「かわさき緑の30プラン」に基づき、平成13年度は「新世紀、花と緑のまちづくり推進事業」があり、そのなかで地域のシンボルとなる樹木を選ぶ「まちの樹50選』が企画されて、平成14年4月に選ばれました。

 

 

 



 

 

 

やぶつばき1川崎市内にはおよそ2000本の保存樹木がありますが、その中から50本の樹木が選ばれて、黒川汁守神社の「ヤブツバキ」が入りました。

 

50本のうち麻生区からは、「ヤブツバキ」を含めて12本が選ばれました。

 



 

藪椿180320

このヤブツバキは巨木ですが、汁守神社の境内にはこの木に勝るとも劣らない立派なヤブツバキがほかにもあります。(写真:18年3月20日撮影)

ヤブツバキはとてもシンプルでよい花です。私は侘助(わびすけ)も好きです。

 

                         (参考:汁守神社 黒川の鎮守様