2005年12月12日

大根の甘酢漬けの研究

皆さん!

 

冬の寒い時に 白いご飯に良く合う大根の甘酢漬け(仮称、正式名称は不明)の作り方について、恐れ多くも素人の私が伝授いたしましょう。

 


tu

 

自分で作る漬物は、材料の入手、漬け方を全て自分の責任で行いますので、不純添加物を使ったかどうかや 製造工程が明確で安心して口に出来るものになります。

作り方は、とても簡単で誰にでも出来ます。

 

 

出来上がったものはとても美味しくて、日本人の貴方なら白いご飯と味噌汁、それにこの大根の漬物があれば、幸せな気分になれます。そしてご家族の方に大変喜ばれることはうけあいです。

 

ch

 

皆さんは黒川という素晴らしい所にお住まいであり、都心に近いにも拘らず専業農家が新鮮な野菜を作って、黒川農産物直売所で販売されていますからそれらの新鮮な野菜が手に入るという恵まれた環境にお住まいであると言えます。

 

 

今日の大根を使った漬物は、黒川産の大根を是非使ってください。

大根の銘柄は、三浦大根であろうと青首大根であろうと特に問いません。(但し辛味大根、繊維質が柔らかい聖護院大根は、避けてください。)

黒川の農業を支援するためにも、ただひたすらに黒川産の大根を使うことだけは、こだわってください。

 

 

<材料>

黒川産の大根 5kg(3-4本の大根?)、ざらめ砂糖 1kg、酢 1カップ、塩 1カップ

(この数量をベースに、材料は適当に比例配分してください。薬を作っているのではないのでアバウトで問題ありません。)

 

<用具>

1.大根が入る大きな容器(大きな深い鍋、100円ショップで売っている大きなプラスティックのバケツ等)

2.容器の中で大根を抑える蓋、

3.重石(石、漬物石、水を入れた鍋等工夫してください)

 

<作り方>

1.  手に入れた新鮮な大根は、よく洗い汚れを取ってから皮をむきます。

2. 大根を容器に入る長さに、概ね二つに真ん中で切ります。切った大根を太さにも拠りますが縦に半分に切ります。

3. 皮をむき、切った大根を容器に入れます。大根を干したりはせず、そのまま使ってください。

4. 大根の入った容器のなかに、上から ざらめ砂糖 1kg、酢 1カップ、塩 1カップを降り注ぎます。順序は、不問。

5. その上に蓋をして、重石(5-10kg位)を載せます。

6. 二日くらいで水が上がってきたら、重石を半分ぐらいにして更に4-5日置きます。

7. 歯ごたえ抜群で、舌触りも味も良い、安心安全の大根の漬物が完成。大根から出た水は、もったいないですが捨てます。

8.  出来た漬物は、タッパーウエアなどに入れて冷蔵庫で保管してください。砂糖、酢、塩という保存料が入っていますので、1ヶ月間以上の長期間保存できます。

 

今年の冬は、大根の甘酢漬に挑戦してみてください。理屈抜きに美味しい漬物が簡単に出来ます